【ご当地グルメ】どれでも500円!どんぶり選手権の予選を通過した10のどんぶりが全部おいしそう!

Woman Insight / 2014年10月3日 19時0分

「全国ご当地どんぶり選手権in ツーリズムEXPOジャパン2014」が9月27日(土)~28日(日)の2日間、 東京ビッグサイトで開催されました。

全国から16種類のどんぶりがエントリーし、その中から上位10位までが来年1月に東京ドームにて開催される『ふるさと祭り東京2015-日本のまつり・故郷の味-』の「第6回全国ご当地どんぶり選手権」への出場権を獲得しました!。

見事予選を通過したのは下記の10種類のご当地どんぶりです!

※掲載は順不同、得票数の順位は非公表。

※選考方法
どんぶりを食べ比べた来場者によるコインの投票獲得数で選考。
(投票権はどんぶりの購入数に関わらず一人1枚)

【三河一色産鰻まぶし丼】
鰻ま屋
(愛知県)

【富山湾ごっつぉ丼】
道の駅新湊
(富山県)

【中津川松茸・飛騨牛・とりトマ丼】
中津川とりトマ丼協議会
(岐阜県)

【かごしま黒豚三昧丼】
萬來
(鹿児島県)

【名古屋コーチン親子丼】
名古屋 鳥開
(愛知県)

【近江三大肉丼】
株式会社シガポートリー
(滋賀県)

【アルプスサーモン丼】
高森町ご当地グルメ検討委員会
(長野県)

【神戸牛焼肉丼】
精肉屋の焼肉丼 おぼや
(兵庫県)

【寒ブリ漬け丼(熱めし丼)】
豊後水道かまえ直送活き粋船団
(大分県)

【大分名物丼】
職人のからあげ 華鳥
(大分県)

すでに出場権を獲得している前回(第5回)の上位入賞どんぶり(4どんぶり)とともに、ナンバーワンご当地どんぶりの座を争います。

前回上位入賞の4どんぶりは、「米沢牛ステーキ丼」(山形県)、「八戸銀サバ漬け丼」(青森県)、「十勝 牛とろ丼」(北海道)、「湘南しらすの小田原三色丼」(神奈川県)です。

みなさんはどのどんぶりが気になりましたか?

滋賀県の三大肉丼って、もしかして鶏・豚・牛の3種類のお肉が一度に楽しめちゃうどんぶりなのでしょうか?
肉食女子にはたまらないですね。

ちなみに、前回グランプリの輝いたのは「米沢牛ステーキ丼」(山形県)だったそうです。

現地に行かないとなかなか食べられない海産物が楽しめるのも魅力的ですが、これらのどんぶりがどれでも一杯500円で楽しめるというのもスゴイ!

どのどんぶりもハーフサイズなので、女性でも2杯・3杯と食べられるとか。

何人かのお友達と一緒に行ってシェアし、全種類制覇するのもありですね。

さて、どれがBest of ご当地どんぶりになるのでしょうか。結果も楽しみですね!(鬼石有紀)

『ふるさと祭り東京2015-日本のまつり・故郷の味-』「第6回全国ご当地どんぶり選手権」
期間:2015年1月9日(金)~18日(日)の10日間
場所:東京ドーム

https://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

【あわせて読みたい】

※【グルメ】簡単&激ウマ「たまごかけごはん」究極のちょい足しレシピ3

※【神保町グルメ】Oggi編集部推薦!野菜の甘みとコクがたまらないドライカレー

※早起きして行く価値あり!おしゃれ女子行きつけ「朝食カフェスポット」(1)

※【レシピ】人形町「芳味亭」直伝、絶品ビーフシチューに仕上げる究極の技

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング