この秋のトレンド!今どき顔になれる、こっくり深色リップをマスターしよう!

Woman Insight / 2014年10月1日 21時0分

すっかり肌寒い日が続いて、服もメイクも秋仕様にシフトしてくる時季ですね。

メイクだったら、夏に引き続き秋も色づきリップの流行は継続! 深味のあるこっくりカラーのバリエも増えてきましたが、色づくリップって悪目立ちしたり、派手に見えすぎたりと、トラップも多め……。そんなときは、『美的』11月号の秋の深色リップを参考にしましょう!

◆ウォームベージュリップ

オフィスなど仕事中は控えめなカラーがベスト。とはいえ、いつものベージュだと地味に見えがち。この秋はベージュもトレンドのこっくりカラーにチェンジしてみましょう! 血色感のあるウォームベージュならきちんと感もキープしつつ、華やかさのあるオフィス顔に!

きちんと感を出すべく、リップブラシを使って全体になじませるのがポイント。口角や唇の山など角度のあるところは、特に丁寧になじませて。

◆青みピンク

いつもよりもモード感を意識したい日は、アクセ感覚でリップに色をオン! コーディネートの差し色になっておしゃれ上級者に見えること間違いなし!

インパクトのある色だからこそ、リップブラシできっちりなじませて。ビビッドな発色を最大限に生かすのがコツ。

◆ローズベージュ

彼とデートの日など、いつもより女っぽく見せたい日は、つい”THE 赤リップ”をつけがちだけど、実はこれ、主張が強すぎてメンズに引かれてしまうことも多々。上品に見える、程よくフェミニンカラーを潜させた深みのあるローズベージュでしっとりとした色気を漂わせて。

全体をじか塗りでなじませます。最後に唇の山だけ少しオーバー気味に重ねて、色っぽニュアンスを出そう。

◆バーガンディリップ

気心知れた女友達と遠出するなら、ここぞとばかりにトレンド最先端のカラーにトライ! 鮮やかで深みのあるバーガンディは、写真写りだってバッチリです。

リップブラシを使って輪郭を丁寧に仕上げ、レディな印象に。最後にティッシュオフしてツヤを抑えると、よりおしゃれっぽく決まります。

秋はダークトーンの服が増えてきますが、パッと映える深色カラーのリップをつけるだけでメイクも秋らしく仕上がります。ぜひ、秋らしい深色カラーリップでシーンと共に、印象も変えてみてくださいね!(松本美保)

【あわせて読みたい】

※秋メイクのトレンドは?大人色っぽい顔を作る4つのポイント【口元編】

※秋メイクは秋色リップがなきゃ始まらない!”大人の色気”な、3色を紹介

※これがモテ顔!ぷるんとボリューミーな唇の「直塗りリップメイク」

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング