杉村太蔵さんが1億円の資産を築いた「投資術」の秘訣を語る!

Woman Insight / 2014年10月15日 17時55分

35歳にして1億円もの資産を築いた自身の「儲け」技をとりまとめた著書『バカでも資産1億円「儲け」をつかむ技術』を10月8日に出版した杉村太蔵さん。
その資産の多くは「株式投資」によって得られたものだといいます。
資産を1億円に増やした株式投資の極意とは……? その秘密をじっくりうかがってきました。

【これまでの記事はコチラ】

★第1回→ あの杉村太蔵さんの資産、35歳にして1億円!その驚きの秘密とは!?

★第2回→ 杉村太蔵が語る「出世する人・しない人」の違いとは!?

杉村太蔵さん(以下、杉村) 「株に勝った」ってパッと聞いたら、どんなイメージを抱く人が多いと思います?

Woman Insight編集部(以下、WI) えっ、なんでしょう、不労所得だとか、マネーゲームみたいな……。

杉村 そう、どうしても「投資」は、そういう印象が強くて、悪いことしているみたいに思われることが多い。儲かったら「あいつ株なんかで儲けやがって」で、負けたら「株なんかやるから大損した」って、勝っても負けても悪者扱いする考えを持っている方が多い。でも、その文化や風潮を、僕はなんっとしてでも変えたい。「投資」の本質を知らない人が多すぎるんです。

WI 杉村さんが思う「投資の本質」とはどのようなことでしょうか?

杉村 「その会社を応援すること」です。僕は、その会社の考え方や商品が素晴らしい、と思うところにしか投資をしません。「株式投資」と聞くと、「今日買って明日売って大儲け」という発想になりがちですけど、決してそうじゃない、ということを本の中では書いています。そして、この本質をわかった上で株を買うと、利益を得られる可能性が高いと僕は考えています。

WI そう考える理由とはなんですか?

杉村 株を買うと、必死に勉強する。経済のニュースがすべて自分ごとになるから、一生懸命経済のニュースを読みます。これを1年続けてごらんなさいよ、誰でも経済のエキスパートになれます。それが、特に若い人にとっては一番重要な利益になります。僕個人の意見としては、大学で経済学部に4年通うより、1年投資をやったほうが経済の勉強になると思うくらい。「なぜ今は円安なのか、なぜNYの株価は上がったのか、なぜアメリカの雇用が日本の株価に影響するのか」……そういったことが、株を買うことにより自分の利益に直結するから気になって、勉強するわけです。

WI 私のような20代でも「投資」はできるのでしょうか?

杉村 充分できます。数千円手元にあれば始められます。「ETF」と呼ばれる上場投資信託で、日経平均株価と連動したものが初心者にはおすすめですね。とはいえ、同じお金があったときに、確実に貯めておける「貯金」ではなく、マイナスになるかもしれない「株を買う」ということが、どれだけ大変なことか、よくわかります。でも、買うととにかく勉強します。それが、将来の儲けに間違いなくつながってきます。

WI 月にどのくらいの金額を投資するのがおすすめですか?

杉村 どのくらいがベストかは人によって違いますが、僕がよくおすすめしているのは、「毎月の給料日に、決まって給料の1割の株を買う」こと。そうやって毎月コツコツ投資していく方法は、そんなに負担にもならない。本当にね、月給20万だとして、毎月2万円分の株を買ったら人生や世界の見方が変わりますよ!

WI どう変わりますか?

杉村 本当にとにかく勉強するし、大臣の失言があろうものなら「株価が下がるだろ!」とぶっ飛ばしたくなる(笑)。世界の情勢が株価にどう影響するかを知っているから、ロシアがウクライナ進出って聞いたら「おとなしくしようぜプーチン!」ってなる(笑)。もうね、めちゃくちゃ世界平和を願うようになるよ! 株の投資家ほど世界の平和と安定を願ってる人はいないね! 「まーまー穏便に穏便に!」って。

WI そう聞くとすっごく興味深いですね……! ニュースを見るのもドキドキハラハラになりそうです。

杉村 投資って本当に面白いんですよ。株を買うということは、その会社の経営者と同じ目線に立つ、ということですから。たとえば自動車メーカーの株を買ったら、そのメーカーの自動車が走ってくるとすごく嬉しくなる。投資を始めるのに、難しい用語を知らなくたっていい、愛と勇気と若干の知識があれば、誰だって始められる。株式投資に関する必要な知識は全部僕の本に書いてある。あとは、投資する対象への知識と愛を持って、勇気を出して投資するだけ。「資産が破滅するんじゃないか……」って、間違った認識を持ったままリスクばかり考えて、なかなか勇気が出ない人は、投資家には向いていないかもしれません。

WI 投資で儲ける秘訣とはなんですか?

杉村 株は、「人は人なり、我は我なり」。周囲の人がどんなに儲かっていて自分はさほど儲かっていなかろうが、関係ない。人に聞いたことや雑誌に書いてあったことを参考にするのはいいけれど、鵜呑みにしてそれを決め手にしちゃうとよくないかな。あとは、あまり欲を出さないこと。株っていうのは不思議なもんで、買うと下がるし売ると上がります。でも「そういうもんだ」って理解してやったほうがいいです。結果的に株で勝つのは、少々の上がり下がりでうろたえることなく、その会社を信じ続ける人です。

WI では最後にWoman Insightの読者の方へメッセージをお願いします。

杉村 この本を読んだ人から始まって、日本国民が少しでも「貯蓄から投資」にもっと向いていってくれればありがたいなと。日本株に投資するってことは、日本の未来を信じているってことですからね。日本人が日本の未来信じないでどうするんだ、信じないとだめじゃないのか、と僕は思っています。投資するということは、「将来を信じる」ことですから。この本を読んだ人が少しでも「投資」や「儲けること」に意識を向けてくれたらいいなと思います。

WI ありがとうございました!

さすが杉村太蔵さん、話を聞いていると、これまで「投資は怖い」と思いこんでいた私でさえ「投資って面白そうじゃん!」と思えてきます。必死で勉強する機会を作ってくれて、世界のニュースが自分ごとになり、さらにはうまくいけばお金も増えると、一石何鳥にもなるもの。

今回出版した『バカでも資産1億円「儲け」をつかむ技術』の中には杉村さんのこれまでの人生の節目を振り返りながら、「出世する秘訣」や「投資術」などさまざまな「儲ける技」が紹介されています。是非、お手に取ってみてくださいね。(後藤香織)

『バカでも資産1億円 「儲け」をつかむ技術』

杉村太蔵/著(1,200円+税 小学館)

【発売記念イベント情報】
10月16日午後7時より、福家書店新宿サブナード店で初の著書『バカでも資産1億円 「儲け」をつかむ技術』の発売記念サイン会が行われます。

【杉村太蔵 すぎむら・たいぞう】
1979年8月13日、北海道旭川市生まれ。1998年4月、筑波大学体育専門学群に入学、2004年3月中退。オフィスビルの清掃員を経て、外資系証券 会社に勤務。在職中の2005年9月、自民党公認候補として衆議院議員選挙に立候補、当選(2009年7月で任期終了)。2010年7月、参議院議員選挙 に立候補するも落選。現在はタレントとして活躍中。投資家として株式投資で多額の利益を上げる。実業家の一面もあり、2013年5月に立ち上げた商社「杉 村商事」の社長でもある。

杉村太蔵さん公式ホームページ http://www.sugimurataizo.com/

【あわせて読みたい】

※ファイナンシャルプランナーが教える!お金を「貯める」4つのテクニック

※約2割が貯金額1000万円以上!30代のリアルお金データを公開

※株主優待といえば、この人!大ブレイク中の桐谷さんに会えちゃう!

※女子1000人調査「生活の何にお金をかけてる?」ランキング発表

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング