【松本モテ道】「壁ドン」の次は「あごクイ」?「背後ギュ」?女子が望む萌えシチュエーション発表

Woman Insight / 2014年11月13日 15時30分

Woman Insight編集部の松本美保です。いまや「壁ドン」というフレーズは完全に世間一般で使われるようになりましたね。

ちなみに、「壁ドン」をwikipediaで調べたところ、

壁ドン(かべドン)とは、壁に大きな衝撃を加え「ドン」という衝撃音を発させる行為であるが、使用者によって以下のとおりまったく異なる意味として用いられることがある。

集合住宅等で隣の部屋が騒がしい時に壁をドンと殴る行為 男性が女性を壁際に追い詰めて手を壁にドンと突く行為。

とのことで、今回話しているのは、少女漫画によく出てくる「2」における「壁ドン」なのであしからず。でも、いつも壁にドンドンやられてるだけじゃ萌えも次第に薄まっていくのが現実です!

今回は、好きな男子にやられたい「壁ドン」に続く萌えシチュエーションを女子30名に大調査。「こんなシーンでこうされたい!」という妄想劇付きでお届けします。

◆手首ギュ

手首をギュッとつかまれる行為。

「他の男子と話しているときに、嫉妬した感じで『行くぞ』ってちょっと強引に手首をギュって握られたい! 俺以外の他の男とあんなふうに話すなよって叱られたい」(法政大学2年)

「ちょっと強引に」というのがどうもポイントのようですね。でも力を入れすぎると痛いので、男子のみなさんは優しくギュっとしてあげてください!

◆あごクイ

「キスする瞬間に、私よりも身長の高い彼がクイっと私のあごに優しく手をかけて、上を向かせてほしい」(介護士・24歳)

最近話題の「あごクイ」とは、あごを優しくつかまれて上にクイっと上げる行為です。いかにスマートに女の子をリードできるかが重要っぽい。

◆頭ポン

「仕事からヘトヘトになって帰ってきたときに、『おつかれさま、よく頑張ったね』って言いながら、なだめられるように頭をポンポンされたい」(IT関連会社勤務・26歳)

頭をなでられるのって、女の子なら無条件でキュンとしちゃう行動ですよね。顔は触られたらちょっと嫌だけど、頭なら悪い気はしません。

◆背後ギュ

「ソファに座ってテレビを見てるときとかに、後ろからギュって抱きしめられたい!」(会社員・24歳)

前からではなく後ろから、っていうのが包まれている感じがしていいんでしょうね。ちなみにWoman Insight編集部の韓流班のSさんからも、「韓国ではバック・ハグっていって、韓流恋愛ドラマの鉄板シチュエーションだね。韓国でも流行ってるよ」だそうです!

いかがでしたでしょうか。それぞれの行動は単純だけど、女心をくすぐるポイントが詰まってますよね。ちなみに、「壁ドン」を検索した際にwikipediaには、

恋愛における壁ドンは、日本の法律において暴行罪に該当する可能性が高い。

と、全然ロマンティックじゃない笑えない一言も書いてあったので、「壁ドン」はじめ上で紹介した行為をする際は女の子に充分に配慮した上で、自己責任においてやってください。(松本美保)

大好評!【松本モテ道】シリーズ

★【松本モテ道】男子がドン引きする合コンの絶対NGなやり過ぎ行動TOP3

★【松本モテ道】男子が合コンで「こいつオレのこと好きなのか?」とドキッとする行動

★【松本モテ道】即レスしたくなるLINEのモテテク6つ

★【松本モテ道】「メスベーション」とは?秘密の言葉「男子会用語」にちょっと引いた

その他、【松本モテ道】シリーズはコチラから!

【あわせて読みたい】

※【衝撃】イケメン100人に聞いた「リアルと本音」がヤバすぎる

※「壁ドン!」に失神寸前!防弾少年団の7人がファンを相手に!?

※男子が萌える!究極のモテる冬ファッションランキングTOP10

※男性が萌える「ベストぽっちゃり」な有名人ベスト10!

※男子が萌える!究極の愛され部屋着ランキングTop6

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング