【悶絶グルメ】まさに旬!「牡蠣」が美味しい名店をシーン別に3つ紹介

Woman Insight / 2014年10月26日 11時0分

いまや1年中おいしい牡蠣が食べられる時代になりましたが、旬を迎えつつある真牡蠣は、これからの時季、格別なおいしさになりますよね。

そこでぷくぷくに太ったクリーミーな旬の牡蠣を食べ逃すことがないよう、Woman Insightが牡蠣の名店をご紹介します。

おいしさはもちろん、あなたの今の気分=旬の気分別にセレクトしてみました!

■気分1■「居酒屋で気軽に牡蠣が食べたい!」

ダイニングバーでワイン片手にオシャレに牡蠣を食べるのもいいけれど、ビールや焼酎片手に気軽な雰囲気でおいしい牡蠣をたっぷり味わいたいなら、高田馬場駅から徒歩2分にある「海宝」が断然オススメ。

ここでは銀座や赤坂などの高級料亭や一流ホテルにも出されている三重県ブランドの「的矢カキ」が、お店と直接取引しているために破格の値段で食べることができます。

その他の国産牡蠣も、生や焼き、フライなど、さまざまな料理法で比較的リーズナブルに楽しむことができます。

また10名分あるテラス席では、バーベキュースタイルで牡蠣が食べられ、それも人気の秘密の模様。

●牡蠣と魚 海宝

東京都豊島区高田3-11-19 ヴィラ・オート・ヴァーグ1F

電話03・5291・1930

http://www.kaihou.jp/

月~金曜(ランチ)11時~15時30分(15時L.O.)、(ディナー)17時30分~24時(23時L.O.)

土曜、日曜、祝日(ディナー)16時~24時(23時L.O.)

上記高田馬場店のほか、みなとみらい店もあり。

■気分2■「家飲み感覚で牡蠣が食べたい!」

おいしい牡蠣にはやっぱりおいしいお酒が合いますよね。でもお店でワイン1本開ければそれなりのお値段しちゃうし……。でも家で生牡蠣や焼牡蠣を食べるのはなかなか難しい……。そんなときは恵比寿や新橋など、都内で数店舗展開している「かき小屋」で決まり! なんとひとり600円で何本でも何種類でもお酒の持ち込みがOK。グラス、水、氷はサービスでついてきます。

牡蠣は600gで1280円(税込)というお値打ち価格なので、網で豪快に牡蠣を焼きつつ、お酒もたっぷり飲むことができ、家飲みと外飲みのまさにいいとこどりができちゃいます。

また土・日曜、祝日の12時~16時は、100分3,380円で焼牡蠣の食べ放題プランも(2日前までに要予約)。こちらも見逃してはもったいない!

●かき小屋 恵比寿店

東京都渋谷区恵比寿1-26-14 SSRビル1F

電話03-3443-0233

http://r.gnavi.co.jp/g203624

月~金曜17時~23時(23時L.O.)

土・日曜、祝日(昼)12時~16時、(夜)17時~23時(23時L.O.)

恵比寿のほか、新橋、高円寺、中野、渋谷、祐天寺、町田、みなとみらいにも店舗あり。

■気分3■「残業後、深夜でも牡蠣が食べたい!」

おいしい真牡蠣の旬の時季は、年末が近いこともあり、何かと多忙を極める時期。牡蠣を取れば仕事が進まず、仕事を取れば牡蠣をあきらめるしかない……、なんて悲しき状況に陥ってる人はココ、深夜から朝方までおいしい牡蠣が食べられる渋谷「スパイラル」へGO!

ダイニングバーのおしゃれな雰囲気ながら、1ピース300円からというお値段で国産の旬の生牡蠣を食べることができます。

生牡蠣はもちろん、牡蠣のアヒージョや牡蠣のゴルゴンゾーラ焼きなど、牡蠣を使ったスパニッシュイタリアンが堪能できるので、深夜からでもとっておきのデートや女子会が楽しめます。

●スパイラル

東京都渋谷区円山町14-2福富ビル1F

電話03・6416・1213

http://r.gnavi.co.jp/gczv700/

月~土曜17時~翌4時(翌3時L.O.)、日曜・祝日17時~23時(22時L.O.)

気分に合わせて牡蠣を堪能してくださいね!(吉田奈美)

【あわせて読みたい】

※美容と幸福を呼ぶ最旬フード「カキ」をもっと楽しむ豆知識4つ

※【グルメ】簡単&激ウマ「たまごかけごはん」究極のちょい足しレシピ3

※【グルメ】美味すぎる!「売れてるお弁当」ランキング、1位はあの○○弁当

※【神保町グルメ】AneCan編集部推薦!食べなきゃ損。やきそば専門店の自家製生麺が絶品!!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング