引越し料金が半額になる!安く賢く引っ越せる方法がわかった!!

Woman Insight / 2014年10月21日 19時0分

4月に次いで10月は引越しが多いシーズン。新居への引越しは楽しみだけど、やっぱり面倒というのがホンネ。さらに、バカにならない引越し料金もできるだけ安く済ませたいですよね。そこで少しでも負担を減らすために、賢く引越しをする方法がないかを調査。アリさんマークの引越社が教えてくれました!

引越しは「オフシーズン」「平日の夕方か夜」「仏滅日」が安い!

引越し社の見積もり額にびっくりしたことはありませんか? 移動する時季によってその金額は大きく変わるもの。引越しシーズンや土日の昼間は特に高く、オフシーズンの倍以上かかることも!
もし引越しの日を自由に選べるなら、オフシーズン(4月後半~8月、12月~1月)の平日、夕方か夜の時間帯を選ぶのがポイントです。また仏滅日も安くなる場合があります。

引越しはトラックの大きさによって値段が変わる!

さらに引越し費用は、荷物量にも大きく左右されます。
ちなみに一般的な荷物量を聞いてみると、単身者は、いわゆる「小さめの2tトラック」(積載面積10~11㎡程度・1.5t・2tショート・2tトラックと呼ばれるもの)が44.4%、軽トラック車両が37.9%と、8割以上が小さめ車両を利用。
一方、家族では、いわゆる「大きめの2tトラック」(積載面積15~17㎡程度・2tロングトラック・2.5tトラックと呼ばれるもの)が28.3%、4tトラックが27.4%、3tトラックが21.5%と、8割近くが大きな車両を利用していることがわかりました。
同じ「2t」と言っても、「2tショート」と「2tロング」では積載量も、価格も大きく異なります。数万円単位で値段が変わることも!
引越しを機に思い切って断捨離をして、より小さめなトラックで運べる荷物の量にするのが一番効率的です!

【断捨離のコツはコチラ】
→ なんとなく増える「生活雑貨」の捨てる見極めポイント6つ
→ 部屋にあふれる服を減らしたい人に朗報!「捨てる服の見極めポイント6」

できるだけスムーズに、賢く引越しして、快適な新生活をスタートさせたいですね!!(いしかわちえ)

※データは「引越しに関する実態把握調査」(リクルート住まいカンパニー)調べ
※取材協力:アリさんマークの引越社

【あわせて読みたい】

※日本人の「幸せの要因」1位は健康、では2位は?

※早起きして行く価値あり!おしゃれ女子行きつけ「朝食カフェスポット」(3)

※「彼との同棲は幸せ!」と心から感じられる10のポイント

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング