黒のかわりに「グレー」で、優しさアップのなじませコーデ10

Woman Insight / 2014年11月10日 21時0分

皆さんのファッションにおけるベーシックカラーは何色ですか?

キャメルやベージュより、新鮮でおしゃれ。しかも、黒や白のかわりに使えば“こなれる”と、『AneCan』が新ベーシックカラーとしておすすめしているのが「グレー」。

では早速、『AneCan』12月号から「グレー美人」の法則を学びましょう!

【関連記事】白のかわりに“グレー”で、こなれ感アップ!のコーデ10

<黒のかわりに“グレー”を使ったコーデ10>

当たり前に選んでいた黒を今季はお休みして、“締め”ていたスタイルを、グレーで“なじませる”方向へチェンジ。これで、グッと優しい印象に!

【1】チェックシャツ×肩掛けニットに甘いデザインのグレーボトムで、アップデートされたキレイめコーデに仕上がります。

【2】ひとクセあるデザインのウールコートをグレーにすれば、ノーブルな着こなしに余裕が生まれます。

【3】グレーのジャケットを使った辛口スタイリング。白デニスカートが女っぷりと清潔感を高めてくれます。

【4】オーガンジーのふんわりスカートをデイリー仕様で取り入れやすくしてくれるのは、グレーのニットのおかげ!

【5】白×ホットピンクのトップスを、グレーのボトムが大人っぽくしてくれます。マニッシュすぎない中間グレーを。


 【6】人気のオールホワイトを、グレーが、甘く、優しく、上品にまとめてくれます。バッグは差し色をチョイスして。

【7】今季トレンドのワイドパンツ。黒だと重くなりがちなので、ちょうどよいバランスを狙うならグレーを。

【8】ピンクベージュのコートの中を、グレーの上下でまとめた上質ベーシックはフェミニン度も高い。

【9】カーキをほのかに甘く、こなれ感もプラスしてくれるグレーは、好相性。ベーシックをリッチにしてくれます。

【10】ボーダー×カラーのふんわりスカートというフェミニンなスタイルには、ちょっと濃いめのグレーコートがベストマッチ。

黒のかわりにただグレーを使えばいいのではなく、黒よりも全体のコーデがなじみ、こなれ感が生まれる……ということを頭に置いてそれぞれのスタイルをみていくと、なるほど!という発見が。黒のかわりに……白のかわりにグレーを使う全20のスタイル。秋冬の参考に!(さとうのりこ)

★白のかわりに“グレー”で、こなれ感アップ!のコーデ10

(『AneCan』2014年12月号)

【あわせて読みたい】

※この秋「ベージュ」「グレー」の新配色ルールは名作映画がお手本!

※AneCan厳選!2014年「この冬、絶対買うべきコート」ランキング7※AneCan厳選!2014年「この冬、絶対買うべきコート」ランキング7

※47都道府県の「平均コーデ」、すべて見せます!【北海道・東北地方、関東地方、中部地方編】

※47都道府県の「平均コーデ」、すべて見せます!【近畿地方、中国地方、四国地方、九州・沖縄地方編】

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング