【「日々ロック」公開記念】落合モトキ「ニーハイブーツの隙間に手を入れる」とは?

Woman Insight / 2014年11月23日 19時30分

“全裸にギター”の野村周平さん、デジタル系トップアイドルで“酒乱”の二階堂ふみさんで話題の映画『日々ロック』(原作:「日々ロック」週刊ヤングジャンプ連載中/榎屋克優)が、全国公開中!

本作で、かなりの異彩を放つ、ビジュアル系バンドのボーカル“新庄”役の、落合モトキさん。自身が演じたキャラの「白目」誕生の裏に、一体何が……? 落合モトキさんの映画公開記念インタビュー続編です。

★前半はコチラ→ 【「日々ロック」公開記念】落合モトキ「自分とは真逆だから観られた」イカれたキャラとは?

↑「落合さんにとって“ロック”とは?」について書いてもらったら、「いつわり」というお答えが。

Woman Insight編集部(以下、WI) 同世代の皆さんと、どんな話をされていたんですか?

落合モトキ(以下、落合) ライブハウスのシーンで、(客席に)可愛い女の子がいたので、「あそこにいた誰々が可愛いよね」とか(笑)。男子校みたいなノリでしたね(笑)。でも、撮影が終わった後のほうが、みんなとたくさんしゃべったかも。

WI 撮影中は役に入り込んでいたからでしょうか?

落合 僕のキャラの格好がコレ(と言ってパンフレットを指さし)なので、周りの人たちが“役に入り込んでる”と思ったのか、みんな話しかけてこなかったんです(笑)。だから撮影が終わって、普段の格好になったときのほうが、みんなと話せた気がします。

WI ビジュアル系のライブを観に行かれたことは?

落合 ミサルカさんのライブに行きました。ビジュアル系のライブって初めてだったんですけど……違う世界が広がってましたね。新庄を演じるにあたって、ミサルカさんだけでなく誰かを参考にしたってことはなくて、台本の台詞からイメージして“自分の嫌いなキャラを演じてみよう”と思ったんです。自分にはない部分ばかりのキャラだったし、吹っ切れて演じられた気がしますね。

WI 落合さん演じる“新庄”と言えば、「白目」ですが……。

落合 あれ、無意識にやってたんですよ(笑)。監督から要求されたわけでもなく……たぶん、ミサルカさんの個性が強かったので、ボーカルとして負けてはいけない、負けたくない!と、自分なりの個性を探した結果、出てきたのが「白目」だったのかも(笑)。

WI 劇中、野村さん扮する“拓郎”と“新庄”の言い合うシーンがありますよね。あのシーンでの落合さんの「白目」がインパクト強すぎて、正直、会話が入ってきませんでした(笑)。

落合 内容のあることを言ってなかったので、大丈夫だと思います(笑)。あ、そのときに、僕の周りを囲んでたファン役の女の子たちがいたんですけど、カメラ位置を変えて何度か撮影している中で、女の子たちがあちこちに動かされていて、“あ~好き勝手やっていいんだ!”って思った瞬間に、スイッチ入って、そこから「白目」が発動しました(笑)。

WI 本作で、デジタル系、ロック系、ビジュアル系と、いろんなジャンルの音楽が出てきますが、落合さんにとって想い出の曲ってありますか?

落合 プライベートでギターを弾くんですけど、そのきかっけになったのが、イエローモンキー(THE YELLOW MONKEY)です。今も聴きますけど、彼らは僕の青春でしたね。中学の頃から聴きはじめて、そこから音楽に興味を持って、今ではいろんなバンドの音楽を聴くようになりました。

WI 最後まで“ロック”ばかりで終わるのかと思いきや、意外な結末が待っていますが、本作の見どころはどこだと思いますか?

落合 全編通して、見どころ満載だと思います。撮影中は、キャストもスタッフの皆さんも、みんながこの仕事が好きで集まって、やってるんだなって感じることが多くて。だから、この映画すべてが見どころです。強いて挙げるなら、ライブハウスのシーン。スタジオの中にライブハウスを作ったんです。ライブハウスの臨場感が感じられるシーンになっているんじゃないかなって思います。ちなみに、二階堂ふみさんのコンサートシーン(舞浜アンフィシアターで撮影)は、僕も観に行きました。可愛かったなぁ、ふみちゃん(笑)。

WI 酒乱で暴れているシーンとは全然別人でしたよね。では最後に、落合さんが好きな、女子の冬ファッションを教えてください。

落合 『アメトーク』を観ていたら、膝丈まであるブーツ(ニーハイブーツ)を履いて、しゃがんだときに空いた隙間に手を入れる……っていうのをやってたんですけど……そこにすごく共感しました。……使えますか、これ?(笑)

ポツポツと話し、特に軽く毒舌で。本作で演じた“新庄”というキャラの欠片も見えない落合さんでしたが、独特の落合ワールドを持つ彼は、もしかしたら“新庄”のキャラに通じるものを持っているのかも……!? 「ぷらっと映画館に入って、あまり期待しないで観たら『当たりを引いた!』って思うような映画だと思います。“無”にして観て、楽しんでほしいです」と最後にメッセージをくれました。

音楽を愛する全人類に贈る、究極の爆音ムチャぶりエンターテインメント。映画『日々ロック』、現在、絶賛公開中です!(さとうのりこ)

★前半はコチラ→ 【「日々ロック」公開記念】落合モトキ「自分とは真逆だから観られた」イカれたキャラとは?

映画『日々ロック』全国公開中!
http://hibirock.jp/

(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社

【あわせて読みたい】

※【速報】能年玲奈&菅田将暉ほか、豪華キャスト勢ぞろい!「今日は“海月姫”祭り」

※相葉雅紀がクリスマス・イブに一緒に過ごすのは、去年と同じあの人!

※【速報】斎藤工、映画「西遊記」主演声優を務めるも「僕に責任はありません」

※【今日のインサイト】11月19日、本日発売!『ディア・シスター』主題歌を歌うシェネル独占インタビュー!

Woman Insight

トピックスRSS

ランキング