カギはこの時間帯!本当に痩せたいなら「絶対しちゃダメな」3つのこと

WooRis / 2014年10月5日 11時30分

写真

少しずつ涼しくなって、重ね着をする季節となりました。肌を出す機会も減ってくると、ついつい油断してしまいますよね。夏にはあれほど気にしていたダイエットも、秋になったしちょっと一休み、なんて人も多いのではないでしょうか?

しかし、油断は禁物です! ちょっとの気のゆるみが、あとで取り返しつかないことにもなってしまうのは、毎年のこと。みなさんもご存じでしょう。

そこで今回は、海外の健康情報サイト『Women’s Health』『POPSUGAR』の記事を参考に、“本当に痩せたいならしてはいけないこと3つ”を紹介します。

■1:夕食の後のつまみ食い

朝昼晩と毎食ごとにダイエットを気にしてカロリーコントロールをしていても、夕食後のちょっとしたスナックが命取りとなります。いくら食事制限をしていても、いくら運動をしていても、その日してきた全ての努力がなかったことになるのです。

夕食後、ちょっとしたスナックだからといってつまみ食いをすることは極力さけてください。どうしても口寂しくて何か口にしたいときは、お茶や水を飲むようにしましょう。

■2:寝る前の重い夜食

夕食が遅くなってしまい、睡眠前に食べなくてはいけない場合は、重いものは絶対に避けてください。消化しにくく胃にも負担がかかります。どうしても夜遅い食事をするときには、野菜スープのようなカロリーの少ないメニューにしましょう。

間違っても、チーズたっぷりのピザやパスタ、ラーメン、アイスクリームなどは食べないように。

■3:寝る直前までのTV、スマホ、パソコン

少なくとも寝る20分前くらいからは、読書する、ハーブティーを飲むなどしてゆっくりと過ごしましょう。睡眠の質を高めるためです。質の良い睡眠がとれれば、翌日精力的に動くことができますし、健康的に朝を迎えることができます。

ベッドに入ってからのスマホや、DVD鑑賞、などは避けましょう。睡眠の質を下げてしまいます。

翌朝、清々しい気持ちで身体を動かすことができれば、結果的にダイエットにもつながります。睡眠の質をあげることも、ダイエットには大切です。

以上、“本当に痩せたいなら、絶対してはいけないこと3つ”をお伝えしましたが、いかがでしょうか? 

秋の夜長を楽しもうとするとうっかり忘れがちですが、ダイエットには“寝る前の過ごし方”が大切なのですね。

無理せず、ちょっとした意識を持つだけで変わると思います。これらに気をつけて、健康的で美しい身体でいたいですね。

【関連記事】

※ これだけは寝る前に食べちゃダメ!「安らかな眠りを妨げる」NGフード5つ

※ 寝る前にやったらダメ!「知らずに睡眠の質を下げている」NG習慣3つ

※ せっかくのダイエットも台無し!「睡眠不足は食欲を増進させる」と判明

※ 止まらない食欲は危険信号!知られざる「過食の裏に潜む病気」6つ

※ これなら続けられる!知らなきゃソンな「簡単すぎる」ダイエットテク7つ

【姉妹サイト】

※ 3ヶ月で-12kg!?残業時の夜食にしたいヘルシー「おからレシピ」

※ 観るとおデブに!? アクション映画と食欲の恐ろしすぎる関係とは

【参考】

※ 3 Evening Habits For Weight Loss − Women’s Health

※ 10 Low-Calorie Late-Night Snacks That Only Need a Little Prep − POPSUGAR

WooRis

トピックスRSS

ランキング