上手にやれば円満に!どんどん「夫婦ゲンカ」したほうがいい理由3つ

WooRis / 2014年10月6日 19時30分

写真

“あ〜、また今日もやってしまった……”旦那さんや、彼氏などのパートナーとちょっとしたことで言い合いをしたり、子どものことでケンカしてしまったりと、最近パートナーとの関係がうまく行っていない人はいませんか?

実は、ちょっとした夫婦ゲンカは、上手にやりさえすれば、パートナーとの関係性を良好に保つためにはむしろ良いとされているのです。

それでは、夫婦ゲンカにはどんなメリットがあるというのでしょうか? そこで今回は、海外女性のライフスタイル情報サイト『Women’s Health』の記事を参考に、上手な夫婦ゲンカがパートナーとの良好な関係性維持のためにいい理由を3つご紹介します。

■1:怒りの感情を溜めないですむ

例えば、約束に遅れてきたり、記念日を忘れていたり、日々の細かいことに対しての怒りは溜めない方がいいのです。そのかわり、その都度相手に自分の不満をきっちりと伝えましょう。このようなちょっとした議論は、どんどんやるべきです。

ちょっとした言い合いをせずに自分の中に溜めておくと、いつか大きな爆発が起こってしまいます。それを避けるためにも、ケンカはおすすめなのです。

ただし、いつまでも引きずらないこと。一度相手に不満を言ったら、スッキリと忘れましょう。

■2:相手の考え方が分かるようになる

相手への不平不満がある場合、相手も同じようにあなたに対しての不平不満があるはずです。お互いに不平不満を言い合う時は、相手の意見を聞きましょう。

何が不満なのか? また、その不満はどこからくるのか? そういったことが分かるようになれば、あなたとの考え方の違いや、相手の考え方が分かるようになってきます。お互いの意見を聞くことで、よりよい関係性が作れるのです。 

■3:議論の着地点をうまく見つけられるようになる

お互いの主義主張は、譲れない点も多いことでしょう。しかし、重要なのは勝ち負けではなく、どこに議論の着地点を見いだせるかということなのです。

これを互いに意識していれば、建設的な議論ができることになるでしょう。

以上、パートナーと良好な関係性維持のために、どんどんケンカしたほうがいい理由3つをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ケンカするときは、あくまでも“より良好な関係を築くため”ということを忘れずに、ケンカしてください。ただ言い争うためや、勝ち負けをつけるためではありません。

付き合いが長くなれば、どんなに仲が良くてもケンカはするものです。次回のケンカのときには、ぜひこの点を覚えておいてくださいね。

【関連記事】

※ ほんのわずかな差!離婚する夫婦・しない夫婦の「たった1つの違い」とは

※ 安心感が超重要!いつまでも「愛されつづける女」3つの条件とは

※ 知らずに怒らせてたかも!注意したい「目上の人に使うと失礼な言葉」5つ

※ ピンときたらすぐに離脱!「付き合うのは要注意な男性」のタイプ5選

※ いったいどうして!? 気になるカレからLINEの返信がない本当の理由4つ

【姉妹サイト】

※ まさに伝家の宝刀!あらゆる交渉で「イエス」と言わせるたった1つの秘訣

※ 「このマンガがすごい!WEB」10月の第1位は公務員マンガ&ベルばら

【参考】

※ 3 Ways Arguing Can Be Good For Your Relationship − Women’s Health

【画像】

Ed Yourdon

WooRis

トピックスRSS

ランキング