娘を不幸にしたくないなら!まず母親がすべき「たった1つのこと」

WooRis / 2014年10月6日 16時0分

写真

男の子と女の子。お母さんにとって育てやすいのはどちらかというと、「やっぱり同性の娘のほうが……」という声が多いのではないでしょうか? 

でも、以前「娘が離婚の危機に!? 互いに自立できない“友だち母娘”の落とし穴」という記事でもお伝えしたように、同性ゆえの難しさもあるようです。

娘は息子以上に母親の影響を受けやすいといいます。それゆえ、母親が娘の人生の幸福度を大きく左右するといっても過言ではないでしょう。

では、娘を幸せにするために、お母さんはどうすればいいのでしょうか? 実は、たったひとつのことを実践するだけでOKなのだというのですが、いったいそれは……?

そこで今回は、子育てチェンジセラピスト・川井道子さんの著書『幸せな母娘関係を築く 女の子の育て方』をもとに、“娘を不幸にする母親”と”幸福にする母親”との違いについて、お届けします。

■“子どものために自己を犠牲”にする母親が娘を不幸にする!?

「あなた(娘)のため」「私のことより子ども優先で」そんなことを考えたり、口にしたりすることが多くないでしょうか?

もちろん、わが子は自分の命にかえても守りたい、かけがえのない存在。「娘に幸せになってほしい」というのは母親として自然な感情でしょう。

しかし、「娘の幸せのためなら自分は犠牲になってもいい」と思いつめては、かえって娘を幸福から遠ざけてしまうようなのです。

<お母さんの気持ちを察して、同化しやすい娘さんの場合、“母親が幸せでないのに、自分だけ幸せになってはいけない”、“母親以上に幸せになれない”といった心のブレーキがかかることがあります。

すると、娘さんは何歳になっても、無意識のうちに幸せを避けたり、わざわざ不幸を選ぶような人生を送る例も少なくありません。“自分だけが幸せになること”に大きな罪悪感を感じてしまうんですね>

さらに、「あなたのせいで仕事を辞めなくちゃならなかった」「あなたがいるから離婚できない」と愚痴を言ったり、口にしなくても態度に表したりしていれば、子どもは「自分のせいでお母さんが不幸なんだ」「自分には生きる価値がない」などの深刻な思い込みをもってしまうリスクも高まるといいます。

「娘さえ幸せになれれば」という自己犠牲の精神は、娘の人生にとって決してプラスにはならないのです。

■まずはお母さんがハッピーに!

では、娘を幸せにするために、どうすればいいのかというと……まずはお母さん自身が幸せになること! お母さんが毎日を生き生きと喜びに満ちて過ごすことが、そのまま娘の幸せにつながるといいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング