絶対撮らせちゃダメ!他人事ではない「リベンジポルノ」被害パターン3つ

WooRis / 2014年10月3日 18時0分

写真

三鷹ストーカー殺人事件からおよそ1年。同事件は、“リベンジポルノ”という言葉が世に広まるきっかけともなりました。ネット上のトラブル相談を受ける全国webカウンセリング協議会のもとへも、事件の報道以来リベンジポルノに関する相談が激増しているといいます。

自分がリベンジポルノ被害に遭わないためには、そもそも“撮らない、撮らせない”ことが最善の策。ですが、被害者たちはなぜ自分の恥ずかしい画像を加害者に与えてしまったのでしょうか?

そこで、同協議会・理事長の安川雅史さんからリベンジポルノの実態について教えていただきました。今回は安川さんからのお話をもとに、よくある被害のパターン3つをお届けしたいと思います。

■1:恋愛熱に浮かされて後先を考えられなかった

相談者に「なぜ画像を撮らせたり、送信したりしたのか?」と尋ねてみると、「彼を信じている」「特別な存在だから」「浮気されたくないから」といった答えがよく返ってくるのだそうです。

撮影した画像が、いつどこでどんなふうに利用されるか……ちょっと考えればその危険性にすぐ気づけそうなものですよね。しかし、“恋は盲目”状態ではまともな判断ができません。

彼から頼みこまれたり、あるいは彼のほうから自撮りの裸画像を送られたりして、断りきれなくなることがあるようです。

■2:見ず知らずの相手だからこそ羽目をはずしてしまった

実際に付き合っている彼氏ではなく、ネット上で知り合った相手に裸や下着での画像を送信して、のちにトラブルになるケースも非常に多いといいます。

「なぜ見ず知らずの相手にそんな危険なことを?」と思いますが、むしろ見ず知らずの相手だからこそ羽目をはずしてしまった……という相談者が少なくないのだそうです。

ネット上での関係だと現実感がなくなって、羞恥心のハードルが下がってしまうのかもしれません。

■3:相手が同性(女性)だと思い込んでいた

ネット上でのトラブルでは、“相手のことを女性だと思いこんで、うかつに自分の画像を送ってしまった”というケースもあるとのこと。

たとえば、SNSで親しくなった“女性の友達”から、「友情の証に裸の画像を交換しよう」と誘われるケース。まずは相手から女性の裸の画像が送られてきたので信用し、自身の裸の写真を送ったところ、実は相手は男性で交際を迫られるなどのトラブルに発展した……ということが実際にあるといいます。

送られてきた画像が本人のものであるという保証など全くありません。また、文字でのやりとりであれば、性別などいくらでもごまかしがききます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング