最近ちょっと太った?そんな時「むしろ逆効果」になる行動5つ

WooRis / 2014年11月2日 17時0分

写真

涼しくなってきて厚着になり、肌の露出が減ってきた最近、ちょっと太ってしまったかも……なんていう人はいませんか? あるいは、最近、体重すら測っていないけど、ちょっと太った気もする……と感じている人もいるでしょう。そんな人が“絶対やってはいけないこと”があるというのです。

そこで今回は、『Women’s Health』の記事を参考に、“ちょっと太ってきたかな……”という時に、絶対やってはいけないこと5つをご紹介します。あなたもうっかりやってしまっているかもしれませんよ。さっそくチェックしてみましょう。

■1:食事を抜く

長い目で見ると、食事を抜くことにダイエット効果はありません。短期的に見れば効果があると思えるかもしれませんが、結局、反動が来たり、健康を損なったりすることが多いのです。食事を抜くことで血糖値が下がり、正常な判断ができなくなって、次の食事で大食いしてしまうなんてことも……。

毎食、正しく一定の量を食べましょう。とんでもない大食いや偏った食事でなければ問題ありません。

■2:自分を責める

太ってしまった自分を鏡で見て、ため息をついたり、自分を責めたり……。こういった行動は避けてください。

自分にポジティブで肯定的な人の方が、より簡単に、前向きに普段の習慣を変えることができます。結果として、自分の理想像に早く到達できます。決して自分を責めてはいけません。

■3:大きいサイズの服を買う

前まで着れていた服が着れなくなったからといって、大きいサイズの服を買ってはいけません。もちろん、着る服がなければしょうがないのですが……。

大きいサイズの服をバーゲンで一気に買いそろえる、なんてことは絶対にNG! 以前着ていたお気に入りの服は、もう着ないのですか? 諦めたらそこで終わりです。大きいサイズの服は買わない、という決意が必要です。

■4:ダイエットばかりに気を取られる

ダイエットは、少しずつ継続して行い、習慣化しなければ意味がありません。太ったからといって、そのことばかり気にしていては決して長続きしませんよね。

本当に効果的なダイエットは、1週間で効果が出るようなものではないのです。

■5:激しい運動をいきなり始める

ダイエットはゆっくりと、しかし継続して続けていきましょう。一気に痩せようと思って、いきなり激しい運動を始めるのは逆効果です。

以上、“ちょっと太ってきたかな……”という時に、絶対やってはいけないことを5つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。思い当たるふしがある人もいらっしゃるでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング