失恋こそチャンス!恋人との関係が破局した時にこそ学べること3つ

WooRis / 2014年11月3日 9時0分

写真

一度や二度の失恋の経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。その時はとても辛く苦しく、二度としたくない体験だと感じたかもしれません。離婚を経験したことがある人も、同じような気持ちでしょう。いずれも心理的に大きなダメージを負いますよね。

しかし、逆に破局したことからしか学べない、貴重な経験もあるのです。

そこで今回は、海外の情報サイト『THOUGHT CATALOG』の記事を参考に“恋人との関係が破局した人しか学べない3つのこと”を紹介します。

■1:自分自身のことを深く知ることができる

真剣に付き合っていたパートナーと破局した時にこそ、自分自身のことを知ることができます。真剣に付き合っていればいるほどです。

自分自身のこと、癖、考え方など全てを相手に見せていたはずです。もしかしたら、友達にさえ遠慮していたこともあるでしょう。

そういったことの全ては、失った相手を通してのみ認識できることです。自分自身の欠点に気づくこともあるでしょう。破局することは、自分自身を知るための最高のチャンスなのです。

■2:コミュニケーション力が高まる

破局は、多くの問題が重なることが原因になることがあります。それらを、見直してみましょう。人間関係を築く上で、最も大切なことは、コミュニケーションだということに気づくはずです。

この経験を経ることによって、人との関係作りがうまくなるのです。

■3:他人のために行動できるようになる

うまくいっている時は、あなたの行いが、相手をハッピーにしていたはずです。また、相手の行いにより、あなた自身が幸せや満足感を得ていたことでしょう。こういった、意図せずとも、他人のための行動が出来たことが、大きな経験になっているはずです。

こうした良好な関係を経験することは、他人に対しての共感力を高めることにつながります。他人のために行動できること、人に共感すること。こうしたことは、その後の人生にきっと役に立つはずです。

以上、“恋人と破局した人しか学べない3つのこと”をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。人間関係の破局は、いかなるシチュエーションでも辛く、厳しいものだと思います。しかし、そこからしか学べないこともあるのです。

破局した時には、こういう考え方もあることを知っておくと、少し楽になるのではないでしょうか。こうした学びを、前向きに次の機会に活かしていきましょう。

【関連記事】

※ 発覚したら破局へまっしぐら!残念なカップルの「不都合な真実」5つ

※ ほんのわずかな差!離婚する夫婦・しない夫婦の「たった1つの違い」とは

※ 別れてスッキリってわけじゃない!「離婚後に経験する」6つの苦しみ

※ 彼のためが裏目に!男が逃げ出す「捨てられ女」の特徴3つ

※ 逃げられるのは何故!? 男性「この女とは結婚できない」と思う理由3つ

【姉妹サイト】

※ まずはちゃんと悲しむこと!働き女子が「失恋から立ち直る」8のステップ

※ ゲッ…男性からの「若く見える」はほぼお世辞だという調査結果が

【参考】

※ 7 Important Lessons You Can Only Learn From A Failed Relationship − THOUGHT CATALOG

WooRis

トピックスRSS

ランキング