えっ…そんなつもりないのに!「この人会社辞めそう」って思われちゃう言動2つ

WooRis / 2014年11月7日 19時30分

写真

会社を辞めようなどまったく思っていないのに、もし上司や先輩等からいきなり「会社を辞めようと思っているの?」と言われたら、どうでしょうか? 驚きますし、ショックですよね。でも、周囲の人がそう思って声を掛けてきた理由は、少なからずあなたが発する表情や表現などにあるはず!

そこで今回は、周囲から「会社を辞めそう!」と思われてしまう注意すべきポイントについて、精神科医・医学博士の斎藤茂太先生の著書『「こんな会社やめてやる!」と思ったら読む本』を参考にご紹介します!

■1:思い悩んでいそうな表情をしている

周囲から「この人辞めそう!」と思われてしまう表情があるといいます。そんなNG表情とは一体なんなのでしょうか。それは、ズバリ“深刻そうな表情”だそうです。

<本人は気づいていないが、他人から見れば、いかにもイヤイヤそうに働いている。仕事のノルマはそれなりにこなしているが、心の中ではやめることばかり考えているように見られる人がいる。>

自分の表情は鏡を使わなければ自分で見ることができませんし、他人に指摘されないとどういった表情をしているか気づかないもの。

会社を辞めようと思っていないのに、深刻そうな表情をしているために周囲から「あの人、会社辞めそうじゃない?」と思われる。それに留まらずに、降格やリストラの憂き目にあってしまったら大変なことです。

深刻そうな表情は、自分にとってソンが多いので、くれぐれも気をつけましょう!

■2:ため息をつくのがクセになっている

『WooRis」の過去記事「当てはまったらすぐ直して!職場で“悪印象まちがいなし”のダメ癖4つ」でも、「はぁ~」っとため息をつくことは、隣や近くで聞いている人に良い印象を与えないとご紹介しました。

良い印象を与えないだけか、斎藤先生によれば、

<ため息をつくのが癖になっている人も、「やめることを考えている人」に見られやすいから要注意だ。>

とのこと。繰り返しになりますが、辞めることを考えていないのに“辞めそうな人”認定されてしまうのは、大きな損失になってしまいます。

また、はぁ~っとため息を吐くと、幸せが逃げていくような感じありませんか? ため息はやめて、“腹”から息を吐くイメージをしてみましょう。腹式呼吸が上手になると、良い声になるメリットもあるんですよ!

以上、会社から「辞めそう!」と思われてしまうNG表情・表現についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング