負のループに陥ってない?あなたがなぜか「不幸を引き寄せてしまう」理由とは

WooRis / 2014年11月23日 9時0分

写真

周りの友達はどんどん結婚していき、自分だけ取り残されているような気がする。「なんで自分はパートナーができないのだろう。結婚できないのかな……」と、お悩みが負のループになってしまっている方もいることでしょう。

もちろん悩む時間があってもOKですが、そのまま悩み続けていると“引き寄せの法則”的にはよろしくないようです。なんと、“パートナーがいないから不幸せ”といった思考回路は、ますます不幸せな現実を引き寄せてしまうとのこと……! 

そこで今回は、スピリチュアル・カウンセラーでヒーラーである、みちよさんの著書『引き寄せの法則 使いこなしブック』を参考に、パートナーがいないから不幸せだと感じていると、ますます不幸せな現実を招いてしまう理由をご紹介します。

■「欲しいものが“ない”=不幸せ」、という思考回路が不幸せを現実にしてしまう

みちよさんは著書の中でこのように述べています。

<お金でも、豊かさでも、パートナーでも、ほしいものでも「“ない”から不幸せ」と感じるときは、その不幸せがそのまま現実となります。>

気持ち的に「自分の望んでいるものが“ない”から不幸せ……」となってしまっている時は要注意。でもこういう思考回路って意外となりやすいものですので、まずは“気がつくところから!”ですよね。

■目の前で不幸せに感じる出来事が起こったら内なる感情を見つめ直してみよう

とはいっても、目の前の現実において、好きな人に思いが通じない、付き合っていた人に振られる、婚活で良い出会いがない、恋人・夫から三行半をつきつけられた……などといったことが起こることもあるかもしれません。ものすごくショックですよね。そんな時、みちよさんは次のことをしてみようと提唱しています。

<もし、今何かしら不幸せに感じる物事が目の前に起きているとしたら、「自分の内側のどんな感情がこの現象を引き寄せたのだろう」と前向きに内観してみてください。>

自分の心を見つめるのは少々ツライ作業ですが、内側を見つめて、自分の声を聞いてあげましょう。

■自分を幸せにするのは“自分”

みなさんは、自分を“幸せ”にするのは誰だと思いますか? この答えは“自分”。“誰かに愛されないから不幸せ”では、いつまでたっても自分が望む幸せを手に入れることは難しいかもしれません。みちよさんによると、「わたしは幸せになるぞ!」という気持ちが大切なんだそうです。

<引き寄せの基本は「すべて内側にあるものだけが、起きる」。あなたが自分を幸せにしようと努力しているのなら、引き寄せの法則は、何があろうと勝手に働きはじめます。>

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング