そりゃヤバい!女性の2人に1人は「メイクで保湿をしていない」と判明

WooRis / 2014年11月11日 15時0分

写真

秋冬シーズンはお肌の乾燥が気になる……という方、多いですよね。実際に、毎日のスキンケアで保湿をしている女性は多く、コスメ会社のネイチャーズウェイが実施したアンケートでも、88%の方が“スキンケアでの保湿”を実践していると回答しています。

でも、ちょっと考えてみてください。スキンケアをしている間よりも長い時間、メイクをしていませんか?

そこで今回は、美容研究家である筆者が、ネイチャーズウェイが行った「保湿についてのアンケート」の調査結果も参考にしつつ、“保湿メイク”の重要性と、簡単でお手軽な“保湿メイク”のコツをご紹介します。

■なんと2人に1人はメイクでの保湿がおろそかになっている!

秋冬の乾燥対策には、スキンケアももちろんですが、メイクでも保湿を意識することがとても重要です。

でも、同アンケートの「保湿対策のメイクアップを使っていますか?」という質問に「はい」と回答した人は45%しかいませんでした。つまり、2人に1人の女性が“保湿メイク”を意識していない、という結果が出ているんです!

せっかくスキンケアで保湿を意識しても、日中のメイクで保湿を意識しなかったら……ゴワゴワ肌や粉ふき肌の原因にもなってしまいます。

そこで以下では、秋冬シーズンに取り入れたい簡単でお手軽な“保湿メイク”のコツを3つご紹介しますね。

■1:ベースメイクで保湿

ベースメイクのファンデーションやBBクリームなどは、保湿効果の高いものをチョイスしてください。

これだけでずいぶんと変わりますが、化粧崩れを防止するためには、ファンデーションを塗る前にお肌にじゅうぶんな水分を与えることもポイントです。

筆者は朝のメイク前に“炭酸美容”を取り入れています。炭酸によってお肌の活性化を促すとともに、肌のキメも整うので、マスクなどの時間がかかる保湿テクと異なり、朝の忙しい時間には便利ですよ。

■2:仕上げメイクでも保湿を意識

仕上げメイクにも、保湿を意識したテクニックを取り入れましょう。

チークが粉浮きしてしまう場合には、クリームチークや練りチークを使うと保湿効果が高いようです。すべてのメイクが完成したら、ミスト状のお化粧水をシュッと吹いて、優しくティッシュオフしましょう。

■3:外出中は目元ケア重視

外出中には目元のケア用品を持ち歩き、目元美容液を頻繁に塗って、保湿しましょう。とくに目のまわりは乾燥による小ジワが目立つ部分ですので、マメなケアで大きな差が出てくるようですよ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング