絶対言っちゃダメ!「ダイエット中の友達」を深く傷つける無神経発言5つ

WooRis / 2014年11月17日 18時0分

写真

みなさん、ダイエットの経験はありますよね? まわりにもダイエット中のお友達がいるのでは? ダイエットって、本当に難しいですよね。

そして、本気で、孤独に、真剣に、ダイエットに取り組んでいるときに、たとえ悪気はなかったとしても、まわりからとやかく言われたくはないもの。もしかしたら、あなたが言った言葉が、友達を深く傷つけてしまっているかもしれません。

そこで今回は、英語圏の情報サイト『Prevention』を参考に、ダイエット中の友達には禁句な言葉を5つご紹介しますね。

■1:「痩せたんじゃない!?」

あなたはこの言葉を誰かに言った記憶がありませんか? コーネル大学のワンシンク教授によると「ねぇ、最近痩せたんじゃない!?」という言葉はNGだそうです。

これを聞くと、まだダイエットの目標を達成していなくても、すでに達成したような気分になったり、逆に「それなら、もっとがんばってみよう」と痩せることに固執して、摂食障害になってしまったりする人もいるとか。

または、「なによ、私そんなにヒドかったわけ!?」と傷ついてしまうこともあるようです。

ポジティブに「ダイエット大変だろうけれど、がんばってるね!」くらいにしておいた方が、無難なようですよ。

■2:「ねぇ、このダイエット本当に効くのよ」

もちろん、お友達のことを考えての発言でしょうが、やはりこれもNGだそうです。せっかく自分で選んだ方法をがんばっているのに、まわりからチャチャを入れられたくないと思いませんか? 

このような場合もやはり、「がんばってね」くらいにとどめておきましょう。

■3:「ねぇ、それって食べ過ぎじゃないの?」

言いたい気持ちはよくわかりますが、言われた本人にしてみれば「そんなの知ってるわよ! 簡単に言うけど、それができていればみんなスリムだよね。アンタに食べ物のことで指図されたくないわ」と思われてしまうかも。

余計なお世話は、ほどほどにしておきましょうね。

■4:「ちょっとくらい食べても平気だよ〜」

マサチューセッツ在住の心理学者カーツ氏は「おいしいものを一口だけ食べてやめることは、たとえダイエットをしていない人でも、とっても難しいものです」と言っています。

ですから、本当にお友達のことを思いやるのでしたら、ダイエット中にはそういった誘いはせずに、カフェでコーヒーくらいにしておいてあげましょうね。

■5:「そんなもの食べてもいいわけ? ダイエット中でしょ!?」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング