これが男の本音!夫が妻に「思わずついてしまう」小さな嘘6パターン

WooRis / 2014年11月19日 7時30分

写真

「どうしてそんな嘘つくの!?」と夫の言動にイラッとすることってありませんか?

自分にとって都合の悪い状況で苦し紛れについてしまう嘘。もちろん、浮気や借金をごまかすような重大な嘘であればともかく、罪のない嘘であれば大目に見てあげるのも夫婦円満の秘訣です。

今回は、英語圏の情報サイト『Woman’s Day』の記事をもとに、夫が妻に思わずついてしまう嘘6つとその対処法をお届けしたいと思います。

■1:「大丈夫、よく似合ってると思うよ」

愛する妻から「ねえ、この服太って見えるかしら?」と尋ねられ、たとえ太って見えていたとしても正直に答える夫はいません。「うーん、ちょっとウエストがきついような……」なんて真実を告げたところで妻を傷つけることにしかならないからです。

夫の好みを知りたいのであれば、「白と黒のどちらが似合うと思う?」というように、複数のなかから夫に選ばせるほうがいいでしょう。

■2:「ああ、掃除ならもうやったよ」

そのうちやろうと思いつつ、つい後回しにしていたことについて「もう済んだの?」と妻から急かされると、夫は「もう済んだ」と口から出まかせを答えがちです。まだできていないことを妻から責められているような気がするのかもしれません。

夫に何かしてもらいたいことがあるときは、「土曜日の朝までにやっておいてね」というように具体的な期限を提示するようにしましょう。「その日の午後に両親が遊びにくるから」というように理由を付加するとより万全です。

■3:「この新型機種、半額だったんだ」

「そんなのぜいたくだ」と妻から追及されるのを避けるために、“半額だった”、“セールだった”という類の嘘をつくことがあります。

夫の無駄遣いやごまかしを防ぎたいのであれば、日頃からお金の使い道について夫婦でよく話し合って、金銭感覚のすり合わせを行うしかありません。

■4:「大丈夫、何も問題ないから」

何か大きな悩みを抱えているのが表情からバレバレな状態であっても、男性は「何も問題ない」と虚勢を張りがちです。

そんなときは、「一体どうしたの?」なんて夫から根掘り葉掘り聞き出そうとしても逆効果。「顔色がよくないようだけど大丈夫?」と夫を気遣うそぶりを示すにとどめましょう。それだけでも夫の心はかなり軽くなるはずです。

■5:「ちょっとタバコ買ってくる」

まだタバコのストックはあるはずなのに、夫が不意に外出したがることってありませんか? もし喫煙者でないなら、「ちょっと買い物に言ってくる」という言い訳かもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング