30歳を超えたら考えないとマズイ!「自分の介護問題」に必要な蓄えとは

WooRis / 2014年11月28日 7時30分

写真

突然ですが、みなさんはご自分や配偶者が老いた時のこと、つまり“介護”についてどのくらい意識していますか?

今はまだ実感がない……という方も、人間は必ず年をとりますので、介護問題はすべての人が準備をしておくに越したことのない問題でしょう。ではいったい、金銭的にはどのくらいの蓄えをすればいいのでしょうか?

そこで今回は、『保険クリニック』が実施した「年金・介護に関するアンケート」を参考に、将来自分が介護を受けるときのために、今からしておきたい対策についてお伝えしていきます。

■介護を受ける可能性は認識しているけれど金銭的準備をしていない

20~60歳までの250名の男女を対象に調査した同アンケートによると、老後に備えて金銭的な準備をしていると回答した人は33.8%で、男女比はほぼ同程度という結果でした。

つまり残りの66.2%の人は、準備をしていないということになりますよね。

一方で、自分が介護を受けることになると思っている人は46.2%いました。20歳~39歳でも約4割りの人が将来介護を受ける可能性について認識をしているようです。

介護を受けるだろうと考えていながら金銭的な準備はできていない、という傾向があることがわかりますね。

■目標金額は1,000万円が最多

では、いったい将来の介護のために、どのくらいの貯金を持っていればいいのでしょうか。

同調査での貯めたい金額の平均は約3,300万円という結果になっていますが、一番回答が多かったのは1,000万円との回答でした。

施設に入るにしても、自宅で介護してもらうにしても、ある程度のまとまった“介護貯金“を持っておくことは、安心にも繋がりますよね。貯金は早く始めればその分、多く貯めることができます。

アラサーを超えたならば、将来の介護に向けての貯蓄も意識したほうが賢明といえるでしょう。

■預貯金で貯めている人がダントツ多い

では、老後資金の準備をしている人は、どんな方法で準備を進めているのでしょうか。

これについては“預貯金”が140人とダントツでトップでした。次いで、個人年金が55人、生命保険が48人、株式が43人との結果が出ています。将来の自分のために、今の自分ができる最適な方法を検討するといいでしょう。

以上、アラサーを超えたら考えたい、将来の介護への対策についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

「まだまだ先のことだから」と後回しにして、イザという時の蓄えが足りない! なんて事態は防ぎたいですよね。今のうちから自分の老後について蓄えておくことが“安心感”にも繋がります。

なにも意識していなかったという方は、ぜひ今回お伝えしたような点を参考にして、ご自分の老後資金についても考えてみてくださいね。

【関連記事】

※ 知らずに飼えば後悔する!避けて通れない「ペットの介護問題」とは

※ 介護施設で親が転倒したら?弁護士が教える「正しい損害賠償請求」のコツ

※ 親を預けるのは避けたい!悪質な介護施設を見分けるポイント6個

※ ココを意識して!「トラブルに見舞われた夫」の窮地を救う妻の励まし3種

※ 今すぐ真似したい!「お金持ちのお財布」に共通している4つの特徴とは

【姉妹サイト】

※ あなたも悩んでない?「働き女子の切実なお悩み」ワースト3が判明

※ 便秘は病気です!処方薬の進化がスゴイのに受診者はたった1割と判明

【参考】

※ 年金・介護に関するアンケート – 保険クリニック

WooRis

トピックスRSS

ランキング