10分で出火の恐怖!うっかり忘れがちな「暖房器具のチェック項目」5つ

WooRis / 2014年11月25日 18時0分

写真

そろそろ本格的な冬がやってきます。寒くなるといろいろな暖房器具を使い始めるので、火事などには注意しなければなりません。最悪のケースでは家が全焼したり、死亡事故が発生したりする恐れもあります。

そこで今回は、独立行政法人製品評価技術基盤機構や内閣府の情報を参考に、冬に注意したい“うっかり忘れがちな暖房器具や家電の注意点”をまとめてみました。ご存じの点も含め、気持ちを新たにチェックしてみてくださいね。

■1:去年の灯油は使わない

もったいないと思って去年の灯油を使うと、ストーブの消火装置が動作しなくなる危険性があるようです。去年の灯油が残っている場合はガソリンスタンドに持ち込んで、新しい灯油を入れてもらいましょう。古い灯油は処分してもらってくださいね。

■2:石油ストーブ・電気ストーブはつけたまま寝ない

石油ストーブをつけたまま寝ると、一酸化炭素中毒で死亡する恐れがあります。また、電気ストーブの近くに布団を敷いて寝ると、寝返りで布団がずれて熱源と接し10分程度で出火、その後に火災が起こる危険性も。実際に死亡事故も起きているので要注意です。

■3:石油ストーブで洗濯物を乾かさない

石油ストーブの上に洗濯物を干して乾かすと、最初は安定しているように見える衣類も、乾燥とともに軽くなって落下しやすくなるといいます。洗濯物がストーブに落ちて出火し、家が全焼するという事故も起きています。

■4:ストーブをつけたまま給油しない

石油ストーブをつけたまま燃料タンクを取り出し、給油をしてから戻そうとすると、灯油が熱源に垂れて火柱が上がる恐れもあります。大火災の事故も報告されているので、灯油を補充する際は消火をしてください。

■5:暖房器具の近くにスプレー缶を置かない

暖房器具の周辺にスプレー缶を置くと、熱で缶が爆発する恐れがあります。そのまま大火災になったケースも報告されているようなので、絶対に置かないでください。

以上、冬の家電や暖房器具で多い火災トラブルをまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 

その他にも、カセットコンロのボンベが正しくセットされておらず火が吹き出した事故や、こたつの布団が中の熱源に触れ続けて火災になった事故、こたつの脚でコードを踏み続けて出火したという報告もあるようです。十分に注意したいですね。

【関連記事】

※ 火事の原因!電子レンジで「加熱しちゃいけない」容器4つ

※ あなたの家が火事に!? 節電生活が裏目になるその理由

※ 子どもが灯油を誤飲!? 間違った対処で肺炎になるケースも

※ 油断禁物!「冬のやけど」から子どもを守る心構え

※ 灯油の翌年持ちこしや白いポリタンク保管はNG!火災の恐れも

【姉妹サイト】

※ 働くママのエネルギー切れ回避!ワタシ時間を確保できる「家事救世主」

※ 便秘は病気です!処方薬の進化がスゴイのに受診者はたった1割と判明

【参考】

※ 冬ついうっかりが思わぬ事故に – 独立行政法人製品評価技術基盤機構

※ 暖房器具の事故を防ぎましょう!:政府インターネットテレビ – 内閣府大臣官房政府広報室

WooRis

トピックスRSS

ランキング