えっそうだったの!? 夫が妻からの「夜のお誘い」を断る意外な理由5つ

WooRis / 2014年11月26日 19時30分

写真

夫婦だったとしても、妻のほうから“夜のお誘い”をするのは結構勇気がいるもの。「ここ1年くらいプラトニックな仲だわ」などと、レス夫婦化しているならなおさらでしょう。 

勇気を出してセクシー下着を身に着け夫に迫っても、「あ、オレ今日はその気じゃないから」などとかわされようものなら、女としての自信はガラガラと崩れていきそう。

「私のこと、もう女として見てないのね!」と嘆く気持ちもわかります。でも、もしかしたら夫があなたの誘いを断った理由は、あなたの“女性的魅力がない”なんて大それた理由ではなく、意外なことかもしれません!

というわけで今回は、英語の健康・美容系雑誌『Women’s Health』の記事を参考に、“夫が妻に誘われても断る”意外な理由をご紹介しましょう!

■1:眠い

そう、彼はただ単に眠くて、そんな気持ちにならないのかもしれません。

毎日の残業と早朝出勤がたたり、夫が疲れている様子はありませんか? もしそうなら、「せっかく誘ったのに断られた……」などと泣き崩れている場合ではありません。

スタミナのつく食事を出し(うなぎなんかがいいかもしれませんね!)、「いつもありがとう」といたわりの言葉をかけて、早く寝かせてあげてくださいね。

■2:おならが出そう

なんと……こんなくだらない理由まで! いや、くだっているんです!

何か悪いものでも食べて、おなかの調子が悪いのでしょうか? そんなおなかでは、色気がある雰囲気には持って行きにくいかもしれません。

睡眠中に暴発事故が起こらないよう、今夜はあなたも客間に緊急避難したほうが賢明かもしれませんね。

■3:明日の仕事が気になる

もしタイミング悪く、彼がプレッシャーの強い仕事の真っ最中だったり、次の日早朝から会議だったりする場合、どうも夜の営みのほうには頭を持って行きにくいかもしれません。

彼の頭の中には、今は取引先の部長の顔しかないのです。そんなときは、誘いを断るしかないことをわかってあげてくださいね。

■4:観たいテレビ番組がある

もしかしたら、あなたはプロ野球の大事な試合に負けてしまったかもしれません。

「妻は明日もいるけど、この試合は今日だけ!」などと思っているのです。悪気はないので、今日は特別に許してあげましょう。

■5:体型が気になる

ちょっと出てきたおなかや、たぷたぷの腕肉が気になるのは何も女性だけではありません。

特に、「若いころはいい体をしていた」のが彼の自慢だった場合、体型が気になることで自信がなくなっているのかもしれませんね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング