浮気した夫はなんと…プロも驚愕した「高齢女性からの浮気調査」事例2つ

WooRis / 2014年12月2日 19時30分

写真

「男と女がいる限り、浮気調査はなくならない」と、その昔、筆者が駆け出しの探偵だった頃、先輩探偵に言われたものです。確かに、いつの世も浮気調査が必要とされ、手法や考え方は変わりながらも浮気調査を必要とされる方はいます。

そして、その性別や年代も様々。そこで、今回は探偵である筆者(総合探偵社スプラッシュ 代表:今野裕幸)の元へ訪れた“年配女性”からのビックリ依頼を、筆者の著書『浮気がバレる男、バレない女』よりご紹介します。

■事例1:浮気した夫はなんと……

電話の向こうで話すその女性は、ご主人のことで悩んでいました。散歩中に女性と会っているかもしれない……そんな不安を抱えるその女性は、すぐにでも自宅に来て話を聞いて欲しいというのです。

相談員が向かった先は、閑静な住宅街にある一戸建て。電話口の声から想像できた年配の女性に通されたのは、仏間でした。少し違和感を感じつつも話を聞くことにすると、女性は涙ながらにご主人への想いを語ります。ご主人の事が好きで心配で仕方がない様子です。

相談員は聞きました。「調査はいつにしますか?」すると、「いつでも良いですよ」と。「では、ご主人のお写真はありますか?」とお聞きすると、女性は指を指しました。

その方向を見ると……。仏壇の上に掲げられた男性の写真。そう、すでにご主人は他界してこの世には存在していないのでした。

人はいつ亡くなるかわかりません。それは大切なご主人や彼も同じこと。大切に想う気持ちがあっても、言葉に出していなかったら伝わりません。今という時間を大切に想いを伝えて行きましょう。

■事例2:ふたりあわせて●●●歳!

「今日すぐに調査をしてください」と、慌てた声でかかってきた1本の電話。土曜日にご主人が向かう囲碁クラブが怪しいとのこと。その行き来を調査して欲しいという依頼でした。早速、調査員は現地に向かいました。

予定通りの時間に自宅を出るご主人。そして予定通り囲碁クラブの会場へ。数時間後、他の男性とあらわれたご主人。そのまま何もなく、調査は終わりかと思った瞬間、男性と別れたご主人は自宅とは反対方面の電車に乗り込みました。

「まさか!」そのまさかは的中しました。次の駅で降りたご主人と駅前で合流した1人の女性。白系で統一された清楚な雰囲気。そして短めのスカート。が、しかし、年齢はどう見ても70代です。その女性と仲むつまじく歩く様子は、年齢を感じさせませんでした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング