衝撃の理由!「子どもと一緒に後部座席に座る妻」は浮気されると判明

WooRis / 2014年12月3日 15時0分

写真

彼の車に乗る時、恋人同士の時は、運転席と助手席に横並びに座りますよね。しかし、結婚後、子どもが生まれると、多くの奥さんは後部座席に座るようになります。

その行動が結果として、夫を浮気に走らせてしまうかもしれないのです! 今回は、探偵である筆者(総合探偵社スプラッシュ 代表:今野裕幸)の元へ訪れたクライアントの実例を通して、夫を浮気に走らせてしまった3つの理由を、筆者の著書『浮気がバレる男、バレない女』も参考にしつつご紹介します。

■1:運転席へ声が届きにくい

狭い車内では、様々な音があふれています。例えば、走行ノイズや、他の車のクラクション、そして、車内に流れる音楽や子どもの話し声。それらが、合わさると相当な音の大きさになります。

ですが、後部座席から普通のボリュームで声を掛けても、運転している夫の耳には届きません。そして、それはあなたにとっても、無視をされているように感じ、雰囲気が悪くなってしまいます。

■2:子どもの世話に集中し夫をないがしろに

後部座席に座る母としての役目は、子どもの世話ですよね。そんな子ども主体の環境に対して、夫はヤキモチをやいていることもあります。子どもには「なにか飲む?」「眠いの?」と声をかけても、夫には全く……ということはありませんか?

さらに渋滞中、運転する夫を尻目に、子どもと一緒に眠ってしまうなんてことも、夫を寂しく感じさせてしまうのかもしれません。

■3:共感できる話題が減り会話も減ってしまう

恋人同士の時は助手席だったのに、子どもが生まれてからは後部座席に。その時、今まで横にいたはずの大切な女性との間に、大きな溝ができてしまったことを感じます。

話をする時、今までなら横に並んで話をしていたのに、今では肩越しに。

夫が、コッソリ話を聞いて欲しくても、大きな声を出さないと聞こえません。お子さんの前で大きな声で話すのは、気が引けてしまうでしょう。そして、徐々に会話が減っていくのです。

いかがでしたか? 何気なく後部座席に座るという行動が、夫を寂しくさせているようです。後部座席に座っても、夫への気遣いを忘れないようにしましょうね。夫がバックミラー越しに寂しい目をしないように。

【関連記事】

※ そうだったのか!彼が浮気してるか「一発で見抜く」たった一つのポイント

※ それなりのワケあり?「不倫する夫」側の言い分を聞いてみたらこうなった

※ 夫婦円満でもハマる!? 不倫にまつわる意外な実態5個

※ ギクシャクした夫婦の特効薬!口に出せば「夫婦円満」になる言葉3つ

※ 自分が変われば相手も変わる!「結婚生活をハッピーにする」6つの秘訣

【姉妹サイト】

※ 夫が浮気!でも別れず乗り越えるなら「妻として必ずすべきこと」5つ

※ お嫁にしたくないのはどっち?「メシマズvs汚部屋」圧勝だったのは…

【参考】  

※ 今野裕幸(2013)『浮気がバレる男、バレない女』(フォレスト出版)

WooRis

トピックスRSS

ランキング