えっまさか…!愛するペットが「うつになりかけてる」5つの危険サイン

WooRis / 2014年12月21日 17時0分

写真

私たちを毎日、可愛いしぐさで癒してくれるペットたち。たとえ1人暮らしでも、家に帰ると出迎えてくれる犬や猫がいると思うと、心が温かくなりますね。

でも、人間である私たちは、ペットの生態や感情を正しく理解していない場合も多いもの。なんと、犬や猫だって“うつ”のような精神的疾患を患うことがあるというのです!

今回は、英語圏むけの女性誌『redbook』ウェブ版の記事を参考に、ペットの“うつ”を見極めるには、どんな症状に注意したらいいのかお伝えします。

■1:嚙みグセがひどくなった

家に帰ると、お気に入りの靴はボロボロになり、ティッシュが箱から全部出ていた……などということがありませんか?

「でも犬はいたずら好きだし、仕方ないわね!」では済まされない事態かもしれません。記事中の獣医によると、急にこのようなことが起こり始めた場合、退屈が原因でうつになっている可能性が高いということです。

■2:トイレ以外で用を足す

トイレトレーニングがきちんとできていたはずなのに、突然ソファや寝床でおしっこするなどの行為が見られたらこれも危険サイン。

あなたが不在がちなどでペットが怒っている可能性もありますが、「悲しい、もっとかまって」という気持ちの表れである可能性大です。

■3:食欲がなくなった

人間は、悩みがあるときや悲しいとき、食欲がなくなりますよね。犬や猫にも感情があり、同様の食欲不振を経験するようです。

「以前はたくさん食べたのに、最近ボウルのごはんが減らない……」という場合は要注意。

水を飲む量も少なくなったりするようです。

■4:元気がない

以前と違って飼い主と遊びたがらなかったり、帰宅したり散歩のときでも犬が尻尾を振らなかったり、ということはないでしょうか?

私たちだって、落ち込んでいるときはエクササイズする気にならないもの。犬や猫も同じときがあるようです。

■5:離れたがらない

あなたのペットは、帰宅するとどこに行ってもぴったりくっついてきたり、外出しようとすると激しく鳴いたり、ということがありませんか?

もしそうなら、“分離不安症”になっている可能性があります。子どももその症状が見られることがありますが、ペットにも多いようです。

逆に猫の場合、飼い主から隠れてしまうことが多い場合、うつの可能性があるということです。

以上、家族のように大切なペットが“うつになっている”サイン5つをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング