イライラが止まらない!食べると「どんどん不機嫌になっちゃう」食品5つ

WooRis / 2014年12月23日 17時0分

写真

もうすぐ年の瀬。忙しい季節になってきましたね。でもあまりに忙しいと、小さなことで「イラッ」「ムカッ」とちょっと不機嫌になってしまうこともしばしば。

「こんな性格じゃなかったのに……最近イライラばかりして、なんか変かも?」と思うことはないでしょうか。それはもしかしたら、あなたが毎日何気なく食べている食品が原因かもしれません! 

そこで今回は、ハワイのテレビ局『KITV』のウェブサイト記事を参考に、あなたをイライラさせちゃう食品について、検証してみましょう。

■1:ポテトチップス

カリっとおいしいポテトチップス。1つ食べると止まらなくなって、1袋開けてしまうこともしばしばあります。

でも、オメガ6脂肪酸がたっぷりの油で揚げたチップスは、脳に作用するオメガ3脂肪酸をブロックして気分を低下させ、人を不機嫌にしてしまうことが多いとか。気づいたらたくさん食べてた、なんてことにならないよう注意が必要です。

■2:ハム

みんな大好きな分厚いハム! クリスマスの時期には、ご馳走として食卓に上がったり、お歳暮などにいただいたりすることも多いもの。

ジュウジュウ焼いて食べるとおいしいものですが、実は抗生物質や保存料などの加工添加物や、砂糖、塩がたくさん……。たくさん食べると頭痛や気分の落ち込み、そしてなんと足首のむくみの原因にもなるそうです。

■3:ベーグル

もちっとした食感がおいしく、朝食や手軽なスナックとしても人気のベーグル。いろいろなフレーバーがあり、中に野菜や肉類を挟んでもおいしいですよね。

でも、精製された炭水化物がたくさん詰まっていて、食べるとかえってエネルギーを奪い、気分が沈んだように感じることがあるそうです。

■4:マーガリン

普段何気なくパンにたっぷり塗って食べているマーガリン。「バターよりカロリーが低いし」と、バター代わりに使っている方も多いことでしょう。

でも、加工物が多く含まれていますし、自然食品ではないため、多く摂取すると体内の炎症やイライラの原因ともなり得るそうです。食べるなら、自然から作られたバターを少量使うほうがいいでしょう。

■5:甘い炭酸飲料

シュワシュワッとした泡が喉ごし爽やかな炭酸飲料。くせになるとなかなかやめられませんね。でも、中には砂糖がたくさん含まれています。

飲んだ後は一瞬気分が上昇しても、すぐに急降下。肥満だけでなくイライラの原因にもなりますので、水代わりに飲むのはNGです!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング