PC壊れたけど初期化はイヤ!「データ復旧したい人」が試すべき3つの手順

WooRis / 2014年12月19日 18時0分

写真

いつも使っているパソコンが突然起動しなくなったら、ものすごく焦りますよね。

以前、『WooRis』の過去記事「修理のプロが直伝!“突然PCが起動しなくなったら”最初にやるべきこと」で、起動しなくなった場合は、まずパソコンの“放電”を試すことについてご紹介しました。でも、それを試してみても起動しなかった場合、ほんとうにイヤな汗が……。

今回は、筆者の実体験をもとに、『スマホドック24』大宮東口店店長の木谷慎一さんのお話をまじえながら、“データ復旧”まで考えないといけなくなった時の対応ポイント3つについてご紹介します!

■対応その1:まずはサポートセンターに電話

筆者は12月に入り、パソコンの電源はつくけれど、メーカーのロゴでフリーズしてしまう事態に見舞われました。6年ほど使っていたので、故障するのも当然といえば当然なのですが、重要なデータのバックアップをとっていなかったことから、かなりパニックに……。

メーカーのサポートセンターに電話をし、状態を伝えたところ、保証期間はとうに過ぎているため修理代がものすごく高い。センターの回答としては「修理より買い直したほうがいいですよ」とのことでした。

今回のケースの場合、もし修理を依頼すると“初期化”されるとのこと。つまり、パソコン内のデータがすべて消えてしまうことになります。それでは困るので、メーカーに依頼する選択肢はなくなりました。

パソコン内のデータが必要な方は、“初期化”はNOです。でも、一度はメーカーのサポートセンターに電話をしてみることをオススメします。

■対応その2:自分であれこれ試さずにプロに診断をしてもらおう

“パソコンの電源はつくけどOS(オペレーティングシステム)が動かない”という状況では、ハードディスクが“正常に動いている”のか、“完全に壊れてしまっている”のか、素人目にはわからないですよね。

アレコレ試さず、すぐにプロに診断をしてもらうことをオススメします。起動・シャットダウンを繰り返しているうちに、状態がますます悪くなってしまうなんてことも。プロに診断してもらうことで、その後の対応をどうするか、冷静に考えることができるでしょう。

筆者の場合は、もしパソコン内のデータをそのままで原状復帰の修理をした場合には、メーカーで修理した場合より、約4分の1の価格で修理可能と診断されました。

■対応その3:ハードディスクの状態によって、その後の対応がわかれる

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング