年末の大掃除もうやった?気が進まない人への「心の特効薬」4ステップ

WooRis / 2014年12月30日 17時0分

写真

年末も近くなり、いよいよ“大掃除”の時期! 「片づけなきゃ……」と思いながら、なかなか実行に移せないこともありますよね。また、“片づけられないこと”に罪悪感を覚えていると、ツラく感じることも……。

その状態からラクになりたいですし、大掃除以降、“片づけられる”人間になれたらいいですよね? 

そこで今回は、「片付けられない……」と悩む人にぜひおすすめしたい“心の特効薬”について、コーチングアカデミー東京校校長の橋本隆さんにお話をうかがってきました。

■1:“片づけない”とどうなるか書き出してみよう

まず、「“片づけない”とどうなるか?」書き出してみようと、橋本さんは言います。

たとえば、着たい服がどこにあるかわからない、賞味期限が切れた食材が冷蔵庫に入っている、通帳が見つからない、彼氏を部屋に呼べない、などの具体的な事柄を書き出していきます。

次にその状態になると、「どういう結果が考えられるか」ということも考えてみようとのこと。片づけない結果として、バタバタしたり、「またやっちゃった……」と落ち込んだり、健康にも害になったりなどが考えられるかもしれません。

こういったように、「片づけないと、どうなるかな?」と思いつくままに書いてみましょう!

■2:“片づける”とどうなるか書き出してみよう

次に、「“片づける”とどうなるか?」を書き出してみようと、橋本さんはいいます。たとえば、家が広く感じる、食べ物を大切にしている感じ、自分の生活に目が行き届いている気分などです。

さらに、1と同じように「片づけると、どういう結果が得られるか」も書き出してみます。気持ちがスッキリ軽くなる、探し物が減る、落ち着いて行動できる、彼氏を部屋に呼べるようになる……などが考えられるのではないでしょうか。

橋本さんによると、1と2を書いているうちに、「どちらかが多くなることに気づくでしょう」とのこと。

■3:今の自分をありのまま受け止める!

「1と2の書き出した内容の多い少ないが、良い悪いという判断基準になるわけではなく、書き出すことによって“自分はそう思っているんだな”と客観的にとらえることができます。

今の自分をそのまま受け止めることが一番大事で、まずは十分に受け止めてあげましょう」

“片づけ”についてどう思っているのか、客観的に把握してみるのは興味深いアプローチですよね。これをやってみることで、気づいていなかった自分に気づけるかもしれませんね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング