それじゃ逆効果!? 「ダイエット方法を見直すべき」ヤバいサイン5つ

WooRis / 2014年12月27日 17時0分

写真

いよいよ年末・年始のイベント続きの季節がやってきましたね! でも天候が悪いのに食べ物はおいしい冬は、油断するとどんどんお肉が付いてしまいます!

「そうならないためにダイエットしてるのよ!」というあなた、そのダイエット、ホントに大丈夫ですか?

健康で美しく痩せるためには、ただ体重を減らすだけではNG。あなたのダイエットを見直したほうがいいサイン4つを、海外の女性向け健康誌『Women’s Health』の記事を参考にご紹介します!

■1:全然体重が減らない

せっかく好きな食べ物をガマンしてダイエットしているのに、「体重計の針が1ミリたりとも動かない……」というケース、実はありがちなことです。

体重がゆっくり減る場合もありますが、何週間続けても減らない場合、ダイエットをしている意味がありません。もしかしたら、間違った食べ物を食べていたり、基礎代謝が悪くなりカロリーや脂肪の燃焼がうまくいっていなかったりするのかも?

筋肉をつけ、脂肪を燃焼するための運動も取り入れてみてはいかがでしょうか?

 ■2:精神的ストレスが溜まる

会社で同僚が仲良くランチに行くのに、自分だけおにぎり1個。週末の女子会では、皆がおいしそうなステーキを食べるのを尻目に、自分はサラダだけ……。

こんなことを続けるうちに、ストレスで苦しくなり“ダイエット=苦行”というネガティブな方程式が頭に刻まれてしまいそう。

精神的につらいならば、週末や夕食だけの作戦など、もっと無理のない方法を考えてみましょう。

■3:消化器官に異常が!

「ダイエットを始めてから、お腹の調子がどうも……」という方。便秘や下痢などお腹の調子が崩れているのは、ダイエットのせいで栄養が偏りすぎて、消化器官がSOSを出しているのかも。無理なダイエットで体を壊しては、元も子もありませんよ!

食品の栄養素を見直して、症状ごとに対策を立て直しましょう。なお便秘の方は、週末集中の“スムージーデトックス”などがオススメです。

■4:力がわかない

 「朝起きる気力もないし、仕事もやる気が出ない……」としょんぼりのあなた。気分も暗くなり、このままでは年末年始のイベントで楽しむどころの騒ぎではありません。

カロリーが少ないからといって、栄養素もほとんどないような食品ばかり食べていたら、人生自体が楽しくなくなってしまいます。極端なダイエットはやめて、笑顔を取り戻してくださいね。

■5:お腹が空きすぎて眠れない

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング