注意すべきは預かり条件!「安心できるペットホテル」を選ぶポイント

WooRis / 2013年12月17日 15時0分

「さて、ペットはどうしようか」

年末年始に帰省したり、旅行に出かけたりして、家を長期間あけがちなこの時期、犬や猫などのペットを飼っている方は、連れていこうか、それともどこかに預けようかと、悩ましく思っているのではないでしょうか?

預けるということになれば、候補の一つにあがるのが“ペットホテル”でしょう。とはいっても、これまでに預けたことがないと、どんなペットホテルを選べばいいのか、わかりにくいですよね。

そこで今回は、ペットホテルを探すときの注意点について、田柄動物病院の獣医師・池田丞さんに教えていただきました。

■事前に直接ペットホテルに出向いて相談を

「ペットを預けるのに一番いいのは、いつも行っている、信頼関係のある動物病院やトリミングショップです。ただし、宿泊を受け付けていない場合もあるため、ネット検索で近くのペットホテルを探し、電話で問い合わせをして、その時の対応で決めるという方もいらっしゃるようです。できれば、電話だけで決めるのではなく、事前に直接お店に出向いて、相談するのがいいと思います。

その際、預けるペットについて、ある程度質問してくるペットホテルのほうが安心できるでしょう。なぜなら、預かる側としても、“どんなコなのか”“きちんとお世話ができそうか”と、多少の不安があるものだからです。質問を何もしてこない場合は、あまりきちんと対応していないペットホテルという可能性があります」

■預かり必要条件に“ワクチン接種”があるか

さらに気を付けたいポイントが、そのペットホテルが“ワクチン接種が預かり必要条件になっているか”ということ。

「ワクチン接種を預かり必要条件にしていないペットホテルでは、どんなコでも預かってしまっているため、他のペットから病気などがうつってしまう危険性があります。また、自分が預けたペットをきちんと扱ってもらえない場合もあります」

また、猫の場合は、ペットシッターさんに預けるという手も。

「ペットシッターさんに鍵を預けて、エサやトイレのお世話をしてもらうという方法です。ただし、不在期間中、家の鍵をずっと相手に預けることになるため、信頼できるどなたかの紹介があったほうが、より安心でしょう」

以上、ペットホテルを探すときの注意点についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

預けられるペットも不安ですが、預ける飼い主も不安ですよね。もし、ペットホテル側がOKであれば、「普段使用していて、汚してもよいようなタオルがあれば、一緒に持っていくとペットも少しは安心できると思います」と池田さん。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング