離婚の危機!いつのまにか夫の心が離れる妻の特徴4個

WooRis / 2014年1月18日 17時0分

写真

かねてから夫婦関係の危機がささやかれていた女医タレントの西川史子さんが、先日ついに離婚を発表しました。

西川さんのコメントによれば、双方に浮気などがあったわけではなく、ただお互いの価値観の溝が埋まらなかったことが離婚の原因のようです。また、西川さんのケースに限らず、何か決定的な事情がなくても、日々のささいなことの積み重ねで夫の心が離れてしまうことは少なくありません。

では、夫から「もう離婚したいな……」と思われてしまう妻の特徴としてどのようなものが挙げられるのでしょうか? 英語圏の情報サイト『Woman’s Day』をもとに4点お届けしたいと思います。

■1:容姿の劣化が激しい

加齢によって自然と容姿が変化するのは誰しも避けられないもの。夫だって妻に対し「いつまでも結婚前のようなピチピチ乙女でいてほしい」なんて無理難題を要求しているわけではありません。

夫が幻滅するのは、“加齢”ではなく、“妻の怠惰”による容姿の劣化です。たとえば、動物園のトドのように変わり果てた体型。「楽だから」と言って、いつも家ではジャージ姿。何年も履き古した下着のゴムは緩みっぱなし。ムダ毛を処理する習慣もなくなり、あまつさえ最近ではアゴのヒゲまで放置……。

そんなふうに「夫のために少しでも美しくいたいの!」という努力を忘れた妻を見ると、夫はガッカリして、妻の自分に対する愛情を疑ってしまうことすらあります。

美魔女を目指す必要はありませんが、最低限の身だしなみだけは夫のために整えたいものです。

■2:夫にダメ出しばかりする

いつも夫の欠点を見つけては口うるさい母親のように文句ばかり言う。たとえ、夫にとって有益なアドバイスのつもりでも、ダメ出しが過ぎると夫は家庭で心の休まる暇がありません。

“夫育て”の基本は褒めること。夫に不満があっても、ストレートにぶつけるのではなく、ポジティブな伝え方ができないか考えてみましょう。

■3:夫を見下すような態度をとる

女性がどんどん強くなるなか、ヘタレ男が増殖中ですが、妻が夫を見下すような態度をとると、夫婦仲は険悪になる一方です。

なんといっても男はプライドの生き物。たとえば、妻が夫のコンプレックスを笑い飛ばしたり、人前で夫をからかったりすればするほど、夫のプライドは傷つき、妻以外に自分の自尊心を満たしてくれる女性を求めるようになります。

夫の浮気を防止したいのであれば、夫に対する尊敬の念を失わないことです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング