間違えれば唇カサカサ!潤いを取り戻すリップクリームの使い方

WooRis / 2014年1月29日 12時0分

写真

いつまでたっても唇のカサカサが治らない……なんて悩んでいる方いませんか? ぷるぷるの唇に憧れて、こまめにリップクリームやグロスを塗っているという人は要注意です。

実はリップクリームの塗り過ぎはカサカサ唇の原因となってしまうのです! 正しい使い方に意識して、ぷるぷる唇を取り戻しましょう!

今回は、美容皮膚科銀座よしえクリニックの廣瀬嘉恵先生から、正しいリップクリームの活用法について教えていただきましたので、お伝えいたします。

■カサカサ唇の原因は?

唇の乾燥は、季節のせいだけではなく、実はほかにも原因があるとのこと。たとえば下記に心当たりのある方は、注意が必要です。

・唇をなめてしまうクセがある

・不規則な食生活や生活習慣を繰り返している

・リップクリームを何度も塗り直すクセがある

・メイクはゴシゴシ落としてしまう

この中で意外なのは、“リップクリームを何度も塗り直すクセがある”ではないでしょうか? 

本来、唇を保護するためのリップクリームですが、使い過ぎるになり、自浄作用が低下するので実は逆効果なのだそうです。

■リップクリームの正しい塗り方

リップクリームを横塗りしている人は、塗り方を見直しましょう。

唇の構造は、縦に繊維が入っているため、リップクリームを縦方向に動かすのが本来の正しい使い方です。スティックタイプならぽんぽんと押すように塗ります。

また、リップクリームが冷えている場合は、先端を温めてから優しく塗りましょう。

■リップクリームを塗る頻度

唇は本来持っている治癒力があり、荒れやひび割れに対しても自力で治そうとする力が働きます。それなのに医薬クリームを使いすぎたり、保護効果のあるクリームを塗りすぎて逆効果になることもあるのだそうです。

ですから、くれぐれも塗り過ぎは注意です。入浴後、食後、寝る前など時間を決めて、1日に5回程度に抑えて使用しましょう。

以上、正しいリップクリームの活用法についてお伝えしましたが、あなたは大丈夫でしたか? 

唇が荒れやすいという人は、リップクリームの正しい使い方に意識して、乾燥に負けない美しい唇をキープしましょう!

【関連記事】

※ 乾燥の本場NYの専門医に学ぶ!ガサ肌卒業には「オイル」でしょ

※ ガサガサ唇では彼もドン引き!「ぷっくり唇」を手に入れる秘訣

※ 危ないのは肌だけじゃない!今から「コラーゲン」を摂るべき理由

※ 就寝時の「のどケア」には昔ながらのガーゼマスクが最適な理由

※ 老けたくない人必見!エイジングケアに効果的な食事とは

【取材協力】

※ 廣瀬嘉恵・・・医療法人社団・優恵会理事長、東大大学院卒医学博士。美容皮膚科銀座よしえクリニック、ひろせ皮フ科、美容皮膚科『ベル・ポークリニック』の美人女医として、年間2万人の男性・女性の美肌をつくり出している。公式サイトは『美容皮膚科銀座よしえクリニック』

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング