米国公認会計士が明かす!ビジネスで成功する人物の特徴4つ

WooRis / 2014年2月6日 19時0分

写真

就職シーズンはすでに始まっていますが、これを機会にアメリカの会社への就職を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アメリカの会社で働くには、英語でのコミュニケーション力はもちろん必須ですが、そのほかにも、成功している人達にはある“共通点”があります。

日本で就職する方たちの参考にもなると思いますので、今回はその共通点について、長年アメリカの公認会計事務所で会計士として働いてきたクリス・シュライバー氏のインタビューを元にお伝えいたします。

■1:性格

成功しやすい人物の性格としては、明朗快活、英語でいう”outgoing”ということになります。しかも、出世欲も持ち合わせ、かつ人付き合いが上手で、つねに自信に満ちた性格で、リーダーシップをとることができる人……とでも申しましょうか? 

「私も、少しでも性格を改善するために、パブリックスピーチや、リーダーシップのとり方、などを強化するためのセミナーに参加しています。日本にも同様のセミナーはあるようですから、参加してみてはいかがでしょうか?」とクリス氏はいっています。

■2:スポーツ万能

アメリカの会社で成功している人達は、たいてい勉強だけでなく、スポーツ万能なことが多いようです。これは日本とは違い、アメリカの会社では、学校で勉強ばかりしてきた人には、重きを置かない傾向にあります。

「もちろん、勉強ができるにこしたことはありませんが、それだけではなく、趣味やスポーツを楽しむ余裕のある人の方が、人格的に優れている、と考えられているんです。ボクは、大学時代からマラソンを続けていますよ」というクリス氏は、何度もニューヨークシティーマラソンに参加しているそうです。

■3:学歴

日本でも同じですが、ハーバードやイエールといった、いわゆる有名大学をでていれば、もちろんプラスです。

とはいえ、「アメリカは実力主義社会ですから、それほどの有名校をでていなくても、本人のやり方次第で、上に上がることは可能です。ただ、大学はふつうのところでも、MBAには有名校を狙う人が多いですね」とクリス氏。

■4:ルックス

クリス氏によると「アメリカではルックスも大切な要素の1つなのです。アメリカ人の女性で、会社重役になっている人達をみると、まず背が高くて、堂々としており、押し出しがいいことに気づくと思います。また、服装や、髪型、メイクもキマっていて、しかも太りすぎていない、ということも考慮されるようですね」とのこと。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング