妊娠中の便秘はお茶で解消?でもこんな健康茶は飲んじゃダメ

WooRis / 2014年2月8日 19時0分

写真

妊娠している女性は、母体と胎児を守るために、口に入れる飲食物に気を付けなければいけません。水銀の多く含まれた魚介類や、ビタミンA(レチノール)が豊富に含まれた緑黄色野菜・レバー類、その他アルコールなどがその代表例であることは、言うまでもないでしょう。

ただ、そうした比較的認知度の高い食品であれば、注意を促す情報も豊富にあるので気を配れますが、便秘の改善に役立つ“健康茶”に関しては、ご存じない方もおられるでしょう。

便秘の解消に役立つ健康茶の中には、妊婦さんにとって安全性が確かめられていない成分が入っている場合があります。最悪、流早産の原因にもなるので、慎重な行動が求められます。

今回は独立行政法人『国民生活センター』の報道発表資料を元に、妊婦さんが知っておくべき“健康茶”のリスクについてお伝えします。

■健康茶に含まれている“センノシド”に注意

現在薬局などでは、“便秘の解消に役立つ”という健康茶が数種類、市販されています。その種の健康茶には“キャンドルブッシュ”(学名はカッシア・アラタ)という植物が使用されているケースがあり、キャンドルブッシュには“センノシド”という下剤のような成分が含まれています。

このセンノシドは妊産婦に対して、原則的に禁忌薬品として扱われています。妊娠をした女性に対しては安全性が保証されていません。投与の結果、子宮が収縮して流産や早産になる恐れがあるとも指摘されています。

■健康茶は飲む前に原材料をチェック

妊娠初期は便秘に悩む女性も多いでしょう。でも健康茶を毎日飲んで便秘を解消しようとした結果、子宮が収縮して胎児を危険にさらす恐れがあるかもしれません。特に健康茶の商品パッケージをチェックして、

・キャンドルブッシュ(学名カッシア・アラタ)

と原材料に名前がある健康茶は、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

以上、妊婦さんが知っておくべき“健康茶”のリスクについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

キャンドルブッシュを含む健康茶を飲むと、場合によっては激しい下痢になる危険性があります。健康な成人の方であっても、1日の摂取目安以上には飲まないようにするなど、無理な飲み方はできるだけ避けるよう、十分注意してくださいね。

【関連記事】

※ 冬こそ注意!正しい水分補給で「体の砂漠化現象」を阻止する方法

※ げげ!便秘を放置すると生えてくる「腸内の悪いカビ」対策2つ

※ 冬のダイエットにこそ役立てたい!スムージーのすごい効果3つ

※ これからママになる方必見!妊婦と危険な関係の食品まとめ

※ 胎児に悪影響が!年末年始に妊婦が回転寿司で気を付けたいネタ

【参考】

※ キャンドルブッシュを含む健康茶 – 国民生活センター

WooRis

トピックスRSS

ランキング