春旅行前に必見!海外レンタカーで失敗しないための注意点4つ

WooRis / 2014年2月16日 12時0分

写真

もうすぐ春休みですね。卒業旅行などで、海外へお出かけの方も、多いのではないでしょうか?

海外へ行ったら車を借りて自由に各地を回ってみたい、とお考えの方もいらっしゃると思いますが、何も知らないで行っては危険です! たとえばアメリカでは、日本人がレンタカーを借りる際に気をけなくてはならないことがいくつかあります。

そこで今回は、いざ海外で車を借りようとするときに困らないように、アメリカ在住の筆者から、レンタカーを借りるときの注意点についてご紹介しますね。

■1:聞いたことのないレンタカー屋は避ける

いくら安いからといって、聞いたこともないレンタカー屋さんは、避けましょう。車のクオリティーも信用できませんし、何かあったときの対応が、ヒドい場合がありますから。

■2:保険はフルカバレージに

かならず保険は”フルカバレージ”契約にしましょう。そうでないと、もしものときには、莫大な金額を要求されて、それこそ一生を棒に振ることになりかねませんよ。

■3:たっぷり使うならフリーマイレージに

いろいろなところを回るのでしたら、”フリーマイレージ”契約にした方がお得です。また、返すときに、かならずガソリンは満タンにしましょうね。カラで返すと、それだけでも、かなりの金額を要求される場合があります。

■4:乗り捨てたいならドロップオフで

同じ場所に戻るのならかまいませんが、そうでない場合は、どこの都市でも乗り捨てられる”ドロップオフ”契約ができるかどうか、確認しましょう。

以上、アメリカでレンタカーを借りるときに知っておくべき注意点をお伝えしましたが、いかがでしたか? アメリカだけでなく、海外で車を借りるときには、共通して知っておいたほうがよさそうですね。

また、アメリカの車は、ヘッドライトの位置とウインカーの位置が日本とは逆ですから、ウインカーを出そうと思ったらワイパーがガシャー!なんてことにならないように、しっかり覚えておいてくださいね。車の各パーツを指す言葉や、運転用語についても、基本的な英語表現は知っておいたほうがよいでしょう。

アメリカでは一般的に、日本よりも、かなり運転するスピードが速いです。レンタカーを借りる場合は、くれぐれも気をつけて、旅行をお楽しみ下さいね!

【関連記事】

※ あわや大事故に!都会人こそ知っておきたい雪道運転の常識

※ なんと1億円の損害賠償も!わが子を自転車事故から防ぐ方法

※ 気軽な乗り物でも責任は重大!自転車事故で「1億円賠償」の恐怖

※ 帰省前に確認したい!「タイヤの空気圧」低下で大事故になる危険

※ 3割の親がイクジイの車の運転に不安?親子が安心できる「運転支援システム」とは 

WooRis

トピックスRSS

ランキング