知らなきゃ損!アンチエイジングに必須の万能オイルはコレ

WooRis / 2014年2月17日 20時0分

写真

35歳を過ぎたころから顔色がくすんできて、明るい色のリップをつけてもなんだかパッとしない……。そんなお悩み、感じてませんか?

「肌のターンオーバーが乱れているかも」「もしかしてこれが老化?」など、肌の変化に気づいて、それを高価な化粧品で一生懸命お手入れするアラサー&アラフォー女性は少なくないでしょう。でも、その化粧品で本当に効果あるのかどうか、疑問は尽きませんよね。

そこで今回は、美容愛好家やモデルも愛用している、アンチエイジング効果で注目の万能オイルをご紹介します。これは知らなきゃ損ですよ!

■知らなきゃ損! “モロッコの黄金”アルガンオイル

そんな万能オイルの名前は、”アルガンオイル”。”モロッコの黄金”の別名でも知られているこのオイルは、北アフリカのモロッコのみで生育するアルガンという木の実からとれる、貴重な天然オイルです。元々現地では食用として使用していましたが、ビタミンE成分トコフェロールがオリーブオイルの5〜6倍含まれており、強い抗酸化作用と高いアンチエイジング効果をもっているのです。

食べて、つけて、全身に使用できるアルガンオイルは、まさに万能薬のような存在。アロマやハーブなどを扱っているお店で手に入ります。

■頑固なニキビ痕や繰り返す吹き出物にはポイントケア

美容で使用するときは、お風呂上がりがおすすめです。

タオルを使用する前に、両手にアルガンオイルを1、2滴つけて、軽く塗り込む感覚で頬を包み込むようにして、鼻、額の順に塗ります。

首周辺や顎は少し強めにマッサージをします。ニキビやシミの濃いところにはピンポイントで軽く塗ると、ニキビ痕は薄くなり、目元のクマやくすみも解消されてもっちりとした肌をつくります。

■髪は年齢が出る! パサつき、ツヤ感が失われた髪の毛はNG

ヘアケアに使う場合は、夜と朝で使い分けるとより効果を実感できます。量を調整しながら、まずは少量で試してみましょう。

夜は、濡れた髪をタオルで拭いたら、くしでとかします。両手にオイルを1、2滴つけて指先を使って頭皮をマッサージ、その後、髪の毛全体にオイルをつけます。

朝は、くしでとかした後にオイルを1滴ほど手にとり髪の毛全体につけて、スタイリング剤の代わりに使用します。

以上、アンチエイジング効果で注目の”アルガンオイル”の活用法についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 

1週間、1ヶ月と使い始めていくと、肌の変化を感じられます。体全身に使えるので、色々な使用方法で、このオイルの魅力を感じてみてください!

【関連記事】

※ 今年こそ脱化粧品難民!多忙でもできる冬の保湿ケアとは

※ 加齢をプラスに!年を重ねるごとに生き生きしてくる女性の共通点5つ

※ 「肌のため」が裏目に!肌を老化させる悪習慣2つ

※ ○○はアウト!大人の女性とオバサンの境界が判明 

※ 当てはまってない?男性が「オバサン」だと思う女性の特徴5つ

WooRis

トピックスRSS

ランキング