これやらずにシェアしたら危険!ネット画像の素性を検証する方法

WooRis / 2014年2月25日 7時30分

写真

ネットを見ていると、驚くような画像に出会うことがよくありますよね。見ていておもしろいものが多いのですが、おもしろいからといってすぐにRT(リツイート)やシェアしてしまうのは、危険かもしれません。

というのも、ネットに出回っている画像には、他人の画像を盗用して投稿した、出所が怪しいものや、“本当のこと”とうたっておきながら、写真加工ソフトで修正した合成画像も少なくありません。

オリジナルと信じてRTやシェアして後で恥をかいたり、詐欺に引っかかることがないように、ネット画像の素性を簡単に検証できる3つの手順を紹介します。

 

■1:画像のURLをコピーまたは画像をダウンロードして保存

ネットで気になる画像があったら、まずその画像のURLをコピーしましょう。

ブラウザ上の画像にカーソルを置いて右クリック(Macの場合はcontrolキーを押しながら画像をクリック)します。するとメニューが出てくるので、その中の“URLをコピー”を選択するか、“プロパティ”を選択して、表示されたURLをコピーします。(お使いのブラウザによって方法が違ってきます)

また、URLのコピー方法がわからない場合は、画像をダウンロードして保存しましょう。

■2:Googleの“画像で検索”機能でチェック

画像のURLのコピー、または画像のダウンロードができたら、次はブラウザで検索サイト『Google』を開きます。

画面上部に黒い帯のメニューがあるので、その中の“画像”をクリック。すると検索バーの右端にカメラのマークが出てくるので、ここをクリックすると“画像で検索”画面が出てきます。

この“画像で検索”はその名の通り、検索ワードではなく画像の内容から検索するというもの。ここで先ほどコピーした画像のURL、もしくは“画像のアップロード”で、保存した画像を選択して検索しましょう。

■3:検索結果を見て素性を確かめる

2の最後の手順で、画像を選択して検索すると、通常のワード検索をした時と同様に、画像の検索結果が出てきます。そして、検索結果のトップに出てくる画像をクリックすると、その画像の一覧も表示されます。

この結果を見ると、画像が他のどの場所で使われているかがすぐわかりますし、詐欺などのために画像を加工した場合は、その元ネタも表示されるのです。

また、検索結果から画像の元投稿をたどって投稿時間を調べると、いつの画像かも把握できます。

以上、ネット上の画像の素性を簡単に検証できる3つの手順をお伝えしましたが、いかがでしたか?

ネットで見かけて気になった画像が本物かどうか、疑って調べるのは手間がかかりますが、一方で他人の写真を盗用や加工して、商売や犯罪に利用する例が増えているのも事実です。

残念ながらスマホで使える方法ではありませんが、本物の写真だと信じたり、その場のノリでRTやシェアして、あとで困ったことにならないよう、気になる画像は上記の手順でチェックしておくクセをつけましょう。

【関連記事】 

※ 原因は我が子の写真?ある日突然SNSが使えなくなる危険

※ 「あれ?使えない…」突然のカード利用停止とネットの関係とは

※ 実は痛いだけ?SNSの美談に感動する人が嫌われる理由5つ

※ 超危険!Facebookの感動話に「いいね」をしてはいけない理由

※ 吐き出したくても待って!SNSで愚痴を書きこむリスク3つ

【画像】

by RonInMcR

WooRis

トピックスRSS

ランキング