30歳を超えたら対策しなきゃダメ!「女性の薄毛が始まる前兆」4つ

WooRis / 2014年3月20日 17時0分

写真

「髪の毛にボリュームがなくなってきた」「ヘアスタイルが決まりにくくなった」「髪の艶が衰えてきた」といった髪の毛の悩みはありませんか? 見た目の印象を大きく左右する“髪の毛”のトラブルは、男性のみならず女性にとっても大問題ですよね。

放っておくと女性でも30代・40代で頭頂部から薄毛が始まってしまう恐れがあるそうです。心配な方のために、今回は育毛専門医が悩みに答えるサイト『女性のための育毛講座』を参考に、髪の毛のトラブル、とくに薄毛の問題について、危険な兆候とともにご紹介します。

以下に記す4つのサインが髪の毛に見られれば、要注意ですよ!

■薄毛の危険信号4つ

女性の薄毛は一般的に、“年齢的な問題”と“生活習慣”によって引き起こされるそうです。加齢は仕方ないにしても、髪の毛に好ましくない生活習慣を続けていると、誰でも30代・40代で薄毛のリスクが高まるそうで、とくに以下の4つの兆候が現状で見受けられる場合は、急いで対策を打った方がよいと指摘されています。

(1)髪や頭皮がべたつく

(2)かゆみを伴うフケが増えた

(3)前髪が細くなった

(4)頭皮が硬い

■1:髪や頭皮がべたつく

髪や頭皮がべたつく場合は、過剰に頭から皮脂が出ている可能性が高いそうです。皮脂が出過ぎると髪の毛の成長に好ましくない環境ができあがり、薄毛の原因になるということです。ワックスをつけた時のように髪の毛がべたつく場合は、注意した方がいいかもしれません。

■2:かゆみを伴うフケが増えた

過剰な皮脂や乾燥、乱暴なシャンプーによるダメージでフケが増えると、薄毛が悪化しやすくなるといいます。その中でもとくに、かゆみを伴うフケは注意が必要なようなので、自覚症状がある場合は生活改善を急いだ方がいいかもしれません。

■3:前髪が細くなった

前髪は側頭部や後頭部に比べて、血液からの栄養が行き届きにくい場所なので、その部位の髪の毛が細くなり始めたとすれば、薄毛の第1段階に入ったと考えられます。最近前髪が決まらない、上手に立ち上がらないといった悩みがある場合は、注意した方がいいかもしれませんね。

■4:頭皮が硬い

頭皮を指でつまんでみてください。頭皮が大きく動かない場合は、血行が悪く頭皮が硬くなっている恐れがあるそうです。血行不良は薄毛を一気に悪化させるそうなので注意が必要です。

■前兆を察知し早めの対策を

加齢は避けることはできませんが、生活習慣を変えることはできますよね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング