化粧だけじゃ不十分!つい忘れがちな「アンチエイジングの基本」5つ

WooRis / 2014年3月22日 19時0分

写真

“美魔女”を目指して、お肌にいい栄養素をたっぷりととり、基礎化粧品選びやマッサージにも余念のないあなた。でも、何か忘れていませんか? せっかく努力を重ねても、アンチエイジングのための基本的な習慣をおこたっていたら、結局肌の老化は止められません! 

そこで今回は、アメリカの女性雑誌『Women’s Health』の記事を参考に、忘れがちだけど忘れちゃヤバい、アンチエイジングの“基本の5項目”をご紹介します。

■1:冬でも日焼け止めを塗る

夏じゃないからといって、肌にダメージを与える紫外線が消えたわけではありません。夏に使用するものよりはもちろん弱くて構いませんが、夏以外の季節でも日焼け止め入りの乳液やファンデーションなどの使用をおススメします。

■2:サングラスを装着する

サングラスをかけている女性は、きりっとしてカッコいいですよね。でも、サングラスには目元のシワを防ぐ効果もあるのです。目元の皮膚は他の部分より薄く、紫外線の悪影響も出やすい部分。サングラス購入時は、UV防止効果100%のものを選んで。

■3:目が疲れてもこすらない

長時間の読書や仕事で目が疲れると、つい目をこすってしまうあなた! 上でも述べたように、目元の皮膚は薄く、こすることでたるみの原因になることも。今すぐやめましょう。

目元の皮膚のハリと潤いをキープするには、重いクリームよりも、さらっとしたジェルタイプのセラムなどが適しています。

■4:顔以外の部分も要チェック!

一番目立つ部分だからといって、顔ばかりに気をとられていませんか? 顔は若いのに、首や手がシワシワ……という結果にならないために、スキンケアの際には首や手、胸元までお忘れなく。

■5:睡眠時間を一定に保つ

睡眠は、お肌を若く保つために大切なホルモンや化学物質が分泌される大切な時間です。それなのに「明日はお休みだし」なんて言って、クラブやバーをはしごしたあげく、マスカラの流れた顔で午前様……なんて、アンチエイジング的には即アウトです! 

睡眠サイクルを一定に保つことが“美容への第一歩”ということをお忘れなく。なるべく毎日同じ時間に就寝し、1日7~8時間の睡眠を目指しましょう。

以上、アンチエイジングのためのスキンケアで、忘れがちな基本5項目をご紹介しましたが、いかがでしたか?

どんな高価な化粧品を顔に塗りたくっても、基本を抑えていなければ皮膚の老化は止められません! 真の美魔女を目指すなら、まずは生活習慣の見直しから始めてみましょう。

【関連記事】

※ 目も紫外線予防!日焼けが老眼や失明の原因になると判明

※ 老け顔もストレスも解消!1分でできる顔面ストレッチ

※ ちょっとの工夫で!冬の温めケアで「もちもち肌」になるテク4つ

※ ストレスは肌に伝わる!忙しい時期こそ肌ケアが重要と判明

※ 放っておいてはダメ!乾燥によるオバサン化を卒業する方法

【参考】

※ 5 Major Anti-Aging Mistakes Tons of Women Make - Women’s Health

WooRis

トピックスRSS

ランキング