慢性的な疲れの原因はコレかも!? 「鉄分不足度」チェック9項目

WooRis / 2014年3月25日 19時0分

写真

女性にとって大切な栄養素である“鉄分”。ですが残念ながら、意識して摂取しなければ、知らず知らずに不足してしまう成分の1つでもあります。

健康な血液を作るのに必要な鉄分が足りなくなると、体、そして心にまでさまざまな悪い症状が現れてきます。

そこで、アメリカの女性雑誌『Women’s Health』ウェブ版の記事を参考に、“慢性鉄分不足が疑われる症状9つ”をご紹介します。いくつ当てはまるか、あなたの“鉄分不足度”をチェックしてみましょう!

■1:疲れやすい

疲れやすい原因は、「最近残業が続いてるし」「昨日遅くまで起きていたから」という理由だけではないのかもしれません。鉄分が足りなくなると、血液中の酸素を運搬するヘモグロビンが正常に働かなくなり、疲労しやすくなるので、鉄分不足が原因という可能性もあります。

■2:落ち着きがない

鉄分が不足していると、脳の神経伝達物質の機能が鈍くなり、集中しにくくなる可能性があるといいます。生産性が落ちているなと感じたら、鉄分を多くとる食生活の工夫をしてみましょう。

■3:無感動・無関心

なんと、前出の神経伝達物質が鈍くなる副作用がこんなところにも! 鉄分不足があなたの脳に影響を及ぼし、家族、恋人、友人など、周りの人々への関心が薄くなったり、悲しい映画を観ても心が動かなくなったりすることがあるようです。

■4:息切れがする

ジョギングどころか、部屋から部屋に移動するだけでなぜか息切れが……。鉄分不足で、血液中の酸素が足りず、酸素欠乏症になっている恐れがあります。

■5:顔が青白い

朝、鏡を見たら「血の気のない顔でギョッ」という場合は、鉄分不足で赤血球が減少し、血液の循環が悪くなっていることが原因かもしれません。

■6:極度の筋肉痛

鉄分が不足すると、筋肉の回復が遅くなることがあります。ジムに行った翌日、「いつもより体のあちこちが痛むな」という場合は、トレーニングの内容よりも食生活を見直したほうがいいかもしれません。

■7:爪が割れやすい

「爪がぼろぼろで、マニキュアも塗れない」と嘆くあなた、鉄分足りてますか? 鉄分不足は体の末端にまで影響を及ぼします。また、爪に凹みができたという場合も、鉄分不足のあらわれかもしれません。

■8:感染症にかかりやすい

「最近立て続けに風邪を引いている」という方。季節のせいではなく、鉄分が不足しているからかもしれませんよ。鉄分不足は、体の免疫力にも影響を及ぼします。とくに呼吸器系の感染症にかかりやすい人は要注意です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング