あてはまると一生貧乏!? お金持ちになれない人の残念な考え方6個

WooRis / 2014年5月8日 16時0分

写真

お金持ちになれる人となれない人。一体、どういう違いがあるのでしょうか? お金持ちになれる人はもともと家がお金持ちだった? たまたま運がよかっただけ!?

もちろん、そうした事情も関係しているのでしょうが、裕福な人は独特の“お金持ち思考”を持っているといいます。逆に、ある種の思考パターンにとらわれていると、一生お金持ちになれないおそれも……。

今回は英語圏のビジネス情報サイト『Business Insider』の記事を参考に、お金持ちになれない人の残念な思考パターン6個をお届けします。あなたはもしや、以下のようなこと考えていませんか?

■1:利己的なのはよくないことだ

普通の人は「利己的なのはよくないことだ」「まずは社会貢献に徹するべきだ」という考えに縛られる余り、大金を稼ぐことに罪悪感を覚えがちです。

しかし、お金持ちは「まずは自分がお金持ちになろう。たくさん稼げばその分、社会に貢献できる」と考えるので、ためらうことなくお金儲けに邁進できるといいます。

■2:お金持ちになるためにはまずは学歴や資格が必要だ

社会人になってから海外留学したり、資格スクールに通ったりする人がいますが、学歴や資格は必ずしも金銭的成功につながりません。

お金持ちは、自分の持てる知恵を生かしてお金儲けをし、その経験から得た知恵をさらに次のお金儲けに生かす……という実戦経験を積んでどんどん豊かになっていくといいます。

■3:学校を卒業したら勉強はもうおしまいだ

学校を卒業してからは、活字に触れる機会といえば趣味の雑誌や漫画だけ。そんな娯楽三昧の生活を送っていては、お金持ちには到底なれないでしょう。

前項で、お金持ちは学歴や資格にこだわらないと伝えましたが、これは“お金持ちは勉強しない”ということではありません。それどころか、彼らは実に勉強熱心で、日々、情報を貪欲に仕入れては、それをお金儲けに生かそうと努めているといいます。

■4:自分なんて所詮はこの程度

失敗したときに傷つきたくないから、わざと低い目標しか設定しない。たしかに、精神衛生上はそのほうがいいような気もしますが、「この程度でいいや」と自分にブレーキをかけていては、その目標以上の結果は望めないでしょう。

お金持ちは高い目標を掲げて、それに向かって力強く進んでいくといいます。

■5:お金儲けって辛く苦しいものだ

毎日ストレスを抱えてあくせく働いているのに、一向にお金持ちになれないのは自分の努力が足りないから? いいえ、あなたが本当に好きではない仕事を“やらされている”からかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング