産後クライシスを阻止!妻の出産後に夫を浮気させない秘策

WooRis / 2014年5月25日 16時0分

写真

出産をきっかけに夫婦関係が悪化! 『WooRis』の過去記事「出産で離婚の危機に!? “産後クライシス”の原因と対処法」では、そんな“産後クライシス”の背景には、イクメンブームがあることをお伝えしました。

産後クライシスの原因はもちろんこれだけではありません。妻の出産後に夫が浮気して、これが離婚につながることも少なくないといいます。

ただでさえ浮気はショックなものなのに、それが出産後というタイミングでは、夫婦関係にとって致命的なことにもなりかねませんよね。

そこで今回は、夫婦問題研究家・岡野あつこさんの著書『産後クライシス』をもとに、出産後に夫が浮気に走る原因とその防止策をお届けします。

■夫の浮気の原因は“セックスレス”

出産後、子どもの世話だって大変なのだから、妻が「その気になれない」のも無理はありません。しかし、夫からの誘いをむげに断り続けることは、夫の浮気リスクを高めてしまうと岡野さんは警鐘を鳴らしています。

「男性は定期的に精子を放出して生きたい動物ですから、妻の妊娠中であれ性欲が治まるわけではありません。出産が終われば今までどおりにセックスができるかと思いきや、待てど暮らせど妻からの“OK”がもらえない夫は、苦しい状態が続いていることになります。

男性のほとんどは、相手に恋愛感情はなくてもセックスができてしまいますから、妻が今まで我慢してきた自分を拒否しつづけていれば拒否する妻が悪いとばかりに他の女性の誘惑にフラフラと魅了されてしまう危険性をはらんでいるといっていいでしょう」

妻の立場としては、「こちらが大変なときになんて自分勝手な!」と憤慨したくもなるでしょう。しかし、男性と女性とでは性衝動に大きな違いがあること、そして、夫は夫なりに、妊娠・出産という時期には愛する妻との性行為を我慢してきたということを理解しなければなりません。

■むげに断るのではなくプライドを傷つけない一工夫を

「その気にならない」「何となく落ち着かない」など漠然とした理由で断っても、夫は納得できません。どうしても応じられない場合でも、「セックスできないのは今のこの時期だけ」ということを夫のプライドを傷つけないように、優しく可愛く伝えるようにしましょう。

また、岡野さんは、単に断るだけでなく、代替案を出すことを勧めています。「平日は疲れているので、週末まで待って」「今は子どもを産んだばかりで身体が不安定なの。来週、病院に行くのでそこで医者がOKと言ったらしない?」というように説明と代替案を伝えるようにすれば夫の理解を得やすくなるでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング