もう我慢はいらない!? ヘソクリもできちゃう「エコ節約術」

WooRis / 2014年5月14日 20時0分

写真

消費税増税から約1ヶ月がたちました。みなさん、家計のやりくりに頭を悩ませてはいませんか? 食費や交際費を削ったり、買いたい物も買わずに、じ~っと我慢したりしていませんか? 

そこで今回は、家計節約の大きなお助けとなる、ソーラーパネルを使った、太陽光発電による節約方法と選ぶポイントについて、太陽光発電パネルメーカートリナ・ソーラーの情報をもとにお伝えいたしますね。

■世界の年間消費分を1時間でまかなえるパワー

みなさん、太陽光発電はご存知ですよね? 太陽光発電とは、ソーラーパネルを設置して、太陽のエネルギーを電力に変換する、画期的なシステムです。地球に降り注ぐ太陽のエネルギーは1平方メートルあたり1Kw、世界の年間消費エネルギーを約1時間でかなえるほど大きなものです。

しかも太陽光発電は、環境に優しいクリーンパワーであり、太陽光自体は無料、殆どの場所で享受できて、枯渇の心配がないのです。

■太陽光発電による節約

ではこの太陽光発電、家庭では一体どれくらいの節約になるのでしょうか?まず、設置にかかる費用ですが、一般家庭での太陽光発電システムの規模は、平均3.5Kw前後。だいたい130~250万円です。

また、太陽光発電導入の大きな魅力が、残った電力はその地域の電力会社への売却が可能なことです。さらに、ソーラーパネルを設置した家は、売却の際の値段が17%アップ、買い手がつくのも約20%も早いといいます。

お得額は「買わずに浮いた電気代+売電による入金」です。下の図は、3.5Kwのシステムを設置した家庭の光熱費の変化例なのですが、年間約19万円もの光熱費削減! これは大きいですよね。

 

■太陽光発電システムを選ぶポイント

太陽光発電システムで一番重要なのは、“発電量”です。そして、その発電量を左右するのが“ソーラーパネル”と“変換効率”。変換効率とは、光エネルギーを電気に変換する割合のことで、自宅の屋根という限られた面積での発電力を左右する大きなポイントなのです。

さらに、国内外の主要メーカーが実施している“10年以上の保証”も重要です。生活家電などと同じ“製品保証”、そしてメーカー公称値を下回った場合に修理交換に応じる“出力保証”があります。ソーラーパネル以外の部品では、保証期間や内容が異なることも多いので、事前にきちんと確認しておきたいポイントです。

今回参考にしたトリナ・ソーラーは2013年上期売上実績が世界第2位(※NPDソーラーバズによる)、欧米におけるトップ企業です。そのソーラーパネルは、10年間の製造保証、25年間のリニア出力保証付きで、たとえ10年経っても90%以上の出力が保証されます。この保証内容は世界各国の業界内でも最高レベルだそうです。。

以上が、太陽光発電で節約する方法でしたがいかがでしたか? あなたもこれを参考にして、クリーンエネルギーでの節約を考えてみてはいかがでしょうか?

【参考】

※ 太陽光発電のリーディング・カンパニー トリナ・ソーラー・ジャパン

WooRis

トピックスRSS

ランキング