ホントやめて!「ソーシャルメディア中毒者」が嫌われるワースト行為はコレ

WooRis / 2014年5月30日 5時45分

写真

あなたは一日に何回、携帯やPCをチェックしていますか? Facebook、Twitter、LINEなど、手軽に情報を得られるソーシャルメディアが普及している今、ほとんどの人がいずれかのソーシャルメディアを利用しているのではないでしょうか?

友人の近況も簡単に見られるなど、とても便利なメディアですが、ちょっと気を付けて下さい! 便利なあまり、これらのソーシャルメディアに“はまり過ぎていることで、周囲に嫌われる人達”が増えているといいます。

サイバー・バズが797名の男女に行った調査「あなたにとってのソーシャルメディアの重要度は?」の中で、約9割の人がほぼ毎日ソーシャルメディアを利用していると答えています。多くの人が毎日使うものだからこそ、そこで嫌われるような行為は控えたいものですね。

今回は、この調査を参考に、“ソーシャルメディアを利用する上で嫌われる行為”についてお伝えします。

 

■リアルな家族よりスマホ

同調査によると、「あなたはソーシャルメディアが無い生活にどれくらい耐えられますか?」との質問に、“1日”から“数分ももたない”との回答の合計が46.2%と、ソーシャルメディアの無い生活は1日も耐えられないという人が半数以上という結果になりました。

恋人や家族でも、都合によっては一日くらい会わないこともありますよね。ところが、ソーシャルメディアなしでは一日もたない人が多数いるというのは衝撃です。ある意味では、家族、恋人、友人以上の存在になってしまっているのではないでしょうか。

家族、恋人、友人そっちのけでスマホをいじってるなんて、相手にとっては不愉快でしかないでしょうね。

■会話中のスマホ操作はNG

タイムリーに確認したくなるソーシャルメディア。それを反映してか、「あなたは会話中にケータイを操作することはありますか?」との質問に、「まったくない」という回答は11.3%に留まり、約9割が経験アリということがわかりました。

一方、「あなたは人が会話中にケータイを操作することは気になりますか?」との問いには、「気になる」という回答の合計が82.9%という結果になりました。さすがに“会話中に携帯を操作する”ことは、相手にとっては不愉快きわまりないNG行動のようですね。

とはいえ、この結果からは、ほとんどの人が、会話中の携帯いじりを嫌だと思いつつも、実際は自分もやってしまっていることが多いのがわかります。注意したいものです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング