夜更かしグセついてない?慢性的な睡眠不足がもたらす危険な症状4つ

WooRis / 2014年6月2日 16時0分

写真

やることがありすぎて時間が足りないとき、真っ先に犠牲になるのは“睡眠時間”。

「疲れてるから、早く寝なきゃ」と思いつつも、仕事のあと飲みに行ったり、夜中にテレビ鑑賞に夢中になったり、彼氏や友達とメッセージ交換したりしていたら、ついつい日付が変わってしまっていた……というのはよくあること。

そんな風に犠牲になってばかりの睡眠ですが、私たちの健康と美容にとってはとても大事なもの。慢性的に不足すると大変なことが起こる可能性もあります!

今回は、アメリカの健康系女性誌『Women’s Health』の記事を参考に、睡眠不足が引き起こす危険な症状4つをご紹介します。

■1:記憶力が低下する

「最近、物忘れがひどくて……」という方、年かしら、と疑う前に、睡眠時間が足りているかチェックしてみて下さい!

研究によると、睡眠は記憶を整理し、鮮明にする機能を持っているそうです。当然、不足するとその機能が十分に働かなくなり、頭の中は整理整頓がされていない“散らかった部屋”のような状態に! 

■2:メタボ体型になる

「夏に向けてダイエットを頑張っているつもりなのに、全然効果がない!」という方、まずは自分の睡眠パターンを見直してみましょう。

2007年にカナダで行われた研究によると、1日の睡眠時間が5~6時間しかない慢性的睡眠不足の場合、7~8時間眠る人に比べて、肥満になる確率が69%上昇したそうです。

しかも睡眠不足による新陳代謝の悪化は、糖尿病のリスクも高めるといいます。

■3:病気にかかりやすくなる

病気がちなのは、体質だけが問題ではないのかもしれません。とくに風邪をひきやすいという方、早寝早起きを実践していますか?

シカゴ大学の研究結果によると、睡眠不足の人は、病原菌に対抗する体の中の“抗体”が、十分に眠っている人より50%程度も弱くなるそうです。

しかも、ハーバード大学の研究によると、睡眠が不足すると、心臓病などのリスクにかかわる“C反応性蛋白”の数値が上昇してしまうそうです!

■4:ガンの危険性が高くなる

上記に加えて、こんな危険も報告されています。睡眠中に私たちの体内に発生する物質“メラトニン”は、睡眠のサイクルを一定にする役割を果たすそうです。睡眠のサイクルが崩れると、メラトニンが正しく分泌されなくなるということです。

テキサス大学の研究では、メラトニンはガンの危険性を高くする“フリーラジカル(活性酸素)”を消去するばかりか、その過程で私たちの健康や美容に必要な抗酸化物質を作り出すといいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング