その結婚ちょっと待った!彼が「運命の人じゃない」ときのサイン4つ

WooRis / 2014年6月25日 19時45分

写真

彼とおつきあいを始めて3ヶ月。収入もよく高学歴、顔もハンサムで条件抜群! 両親も「いい人を見つけた!」と大喜びです。

でも、彼と会っていても「なぜかイマイチ心がときめかない!」と、ユウウツな気分になったことはありませんか? そういうときに限って彼からの押しが強く、結婚をにおわせてきたりすることもありそうですね。

そんなとき、あなたなら「こんなに条件がいい人、もう2度と現れないわ」と、そのまま関係を進めていきますか? それとも心に正直になって「やっぱり違う!」とすっぱり別れますか? その境目がイマイチ微妙で、どう判断していいか分かりかねるときもありますよね。

そんな状況に陥っている方のために、アメリカの女性誌『Glamour』の記事を参考に、“相手が運命の人ではないサイン”4つをご紹介します。婚活に悩む女性の方々、これらをチェックしてみて運命の人かどうかを見極めて下さいね。

 

■1:あまり会いたいと思わない

お洒落なレストランに連れて行ってくれたり、海辺をドライブしたり……。彼と一緒にいるときはそれなりに楽しいし、新しい場所を発掘するのもエキサイティング。

だけど、行く場所は関係なく“彼自身”に会いたいと思っていますか? もしお家でのんびりするデートに「意味がない」と感じたり、会っていないときに彼を恋しいと思ったりしなければ、関係を発展させるのはやめたほうがよさそうです。

■2:存在を忘れがち

女性なら、好きな人ができると彼からの電話を待ったり、「次に会えるのはいつかなあ」と妄想してニヤニヤしたりするもの。

今の彼は、毎日電話もメールも欠かさずくるけれど、どうも返事をすぐにする気になれない……ということはありませんか? 会っていないときに彼のことを考えなかったり、存在自体を忘れていたりしては、彼との明るい未来はありません。

■3:スキンシップを避けてしまう

手をつないだら「暑い……」という感情が先にきたり、抱きしめられたりキスされたりしたら、ドキドキせずに「うげっ!」なんて思っていませんか?

彼とのスキンシップが面倒だったり、性的な感情を持てなかったりするのは赤信号です。

■4:他の男性のことを考える

彼と会っていてもいなくても、頭に浮かぶのは元カレのことばかり。あるいは、「この人とつきあっていることが会社の●●さんに知られないように……」なんて思っていませんか?

お気に入りの歌手や俳優がいるくらいなら罪はありませんが、おつきあいをしている人がいるのに他の男性のことをコンスタントに考えているようなら、別れを考えるのがお互いにとって懸命でしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング