それ逆効果かも!「老け顔化」を加速するNGヘアスタイル5つ

WooRis / 2014年7月3日 11時45分

写真

年齢とともに髪の毛のボリュームが落ちてくると、慌てて髪型を変えて対処する人も多いのではないでしょうか? しかし何も考えずに髪型を変えると、かえって“老け顔”に見えてしまうとご存じでしたか?

そこで今回は、富士産業株式会社がまとめたウェブサイト『女性のための育毛講座』を参考に、髪のボリュームやハリ、コシがなくなったと感じたときに、避けたいNGヘアスタイルとセットの方法を5つ、ご紹介します。

■1:強いパーマ

髪の毛のボリュームダウンを隠そうと、パーマをかけていませんか?

トップに軽くポイントパーマをかけるくらいであればまだいいのですが、ボリュームを意識し過ぎて強いパーマをかけると、全体の印象が重くなり、かえって老け顔に見えるといいます。

また、パーマは頭皮と髪の毛に激しくダメージを与えるので、よけいに髪の毛が弱ってボリュームダウンしてしまうそうです。

■2:やり過ぎなカラーリング

明る過ぎる髪色は女性の顔を老け顔にしてしまうようです。自宅で髪染めをすると失敗するリスクがあるので、美容師さんに相談しながら髪色を決めるといいかもしれません。

■3:つむじの“割れ”を放置

後頭部にあるつむじが“割れた”状態を放置してしまうと、ボリュームダウンが目立ち、見た目年齢も上がってしまいます。

合わせ鏡を利用して自分の後頭部をチェックする習慣を作り、つむじが割れていたらブラシで根元を立ち上げ、ヘアスプレーで軽く固定するなどの工夫をするといいそうです。

■4:一直線の分け目

一直線でペタンとした分け目は、老け顔の元凶だといいます。ジグザグに分けると頭頂部にボリュームが出るのでオススメです。くしの柄の方を使って、毛束を左右に交互に分けていくと、ジグザグ分け目ができます。

■5:毛先をまっすぐに下ろす

サイドや襟足をまっすぐにストンと落とすと、よけいボリュームダウンしたように見えてしまいます。指先にワックスをつけて、毛束の先端をつまんでねじり、毛先に動きをつけると軽快な印象になるといいます。

以上、髪の毛のボリュームダウンが気になる女性が注意したいヘアスタイル、ヘアセットについてまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 

トップとサイドにふんわりとボリュームを出しながら襟足をタイトにしつつ動きをつけて、正面から見ると顔全体でひし形のフォルムを作ると、若々しく見えるといいます。

パーマをかけなくても、ドライヤーやカーラーでも十分にボリュームは出るそうです。まずは頭皮や髪の毛に負担のかからない方法で、髪の悩みを克服してみてください。

【関連記事】

※ おしゃれしすぎはダメ!? 「美容院で髪を染める」ときのNG行為5つ

※ 浴びる量は肌の3倍!紫外線で傷んだ髪の毛のケアとは

※ 紫外線で老け髪に!対策を忘れがちな「髪の日焼け」にご注意

※ お悩み別に伝授!「ヘアサロン帰りの仕上がり」を自宅で再現する方法

※ 美容師が伝授!「老け顔化」を防ぐヘアスタイリングのコツ3つ

【参考】

※ 若々しさを演出する大人のヘアスタイル : 女性のための育毛講座 – 富士産業株式会社

WooRis

トピックスRSS

ランキング