最近なんかダルいわ…という人が「いつも疲れている」理由はこの9つ

WooRis / 2014年7月14日 7時0分

写真

本格的な夏を前に、「最近、なんか疲れてるな」「体がだるいし、心もモヤモヤする」という方はいらっしゃいませんか? もしかしたら、働きすぎ? それとも、生活習慣に問題があるのでしょうか。

疲れを取り除くには、まずその原因を特定しなければなりませんね。そこで今回は、アメリカの健康専門誌『Health』の記事を参考に、“あなたの疲れの原因”かもしれない9個の項目をご紹介します。何個か当てはまったら要注意です!

■1:運動不足

ジョージア大学の研究によると、「疲れてるから」とエクササイズしないのは、かえってさらなる疲れの原因になるそうです。

20分程度の軽いウォーキングやストレッチをするだけでも、寝つきがよくなるなどその効能はたくさん。何週間か続ければエネルギーが増したことを感じるはずです。

■2:水を飲まない

アメリカの研究者によると、水分不足だと体内の血液量が不足して濃くなり、心臓の働きに影響が出て疲れやすくなるそうです。

「水ぐらいで……」と言わず、会社でも自宅でも定期的に水分を摂りましょう。コーヒーやビールで代用しちゃダメですよ!

■3:鉄分が足りない

鉄分が足りないと体内の酸素供給がうまくいかず、エネルギーが低下してだるさを感じるそうです。

豆腐や卵、脂肪分の少ない肉類、豆類、ほうれん草といった色の濃い葉野菜など、鉄分の多い食材を積極的に食生活に取り入れてみましょう。

■4:完璧主義者である

なんでもきっちりやる性格の人が会社に1人は必ずいるものですよね。でも、人間誰しも完璧ではありません。完璧主義の人は、会社でも自宅でも気が休まることはなさそうです。

何事にも全力を尽くすのはいいこと。でも、“完璧になること”は無理だと悟り、息抜きも心がけましょう。そうでないと、周りの人々も疲れます。

■5:朝食を抜く

「ダイエット中だし」「朝は時間がない!」と朝食を抜いていませんか? そんな日は、かえって1日中だるい気分で疲れやすくなります。

毎日の食生活があなたの心と体を作っていくことを自覚して、朝食を摂ることを含め、体に十分な栄養を与えてあげてくださいね。

■6:ジャンクフードの食べすぎ

忙しくて時間がなかったり、イライラが溜まったりすると、ついジャンクフードに魔の手が……。

ジャンクフードは糖分や油分が高く、食べると血糖値が急激に上下して、かえって疲れやすくなるうえ、ダイエットの敵でもあります。

■7:“NO”と言えない

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング