リンパセラピスト直伝!夏オフィスでのツライ「冷え&むくみ」解消ストレッチ

WooRis / 2014年7月29日 19時45分

写真

外は暑いけど室内はヒエヒエで冷え性が悪化! 真夏のオフィスでは、男性が冷房を強くして、女性がそれを弱めようとするという光景がよく見られますね。これは営業とデスクワークなど仕事内容の違いも原因の一つかもしれませんが、女性ならではの体質も関係しているといえます。

女性の体は脂肪が多く、筋肉が少ないため、いったん冷えるとその冷えを体の中にかかえこんでしまう特徴があります。

そこで今回は、リンパセラピストである筆者が、“オフィスでできる夏の冷え・むくみ対策”をご紹介します。

■温めるポイント3つ

夏のオフィスでは、室内の冷房に加え、ノースリーブ、ミニスカート、素足にサンダルといった肌の露出の多いファッションも原因となって体はヒエヒエ。

そんなときは“首”“お腹”“足首”を冷やさないことです。東洋医学において、冷やしてはいけないポイントがこの3つです。たとえばオフィスでは、ストールを首に巻く、お腹やひざにはブランケットをかける、足首までカバーするハイソックスを履くなどして冷やさないようにしましょう。

■とくに下半身を冷やさない!

冷えを解消するためには、とくに下半身を温めることが大切です。人の体はどうしても重力の関係で下半身に血液や水分がたまりやすくなります。

脚の筋肉の働きが悪いと、血液やリンパの流れが滞り、むくみやすくなります。じっと座っているだけではどんどん冷えも悪化してしまいます。次にご紹介する、簡単なストレッチを試してみてください。

■手のストレッチ

(1)両手の指と指を交互に組み合わせて手をにぎります。

(2)両手をしっかりつないだら、手首を左右に動かしたり、円をえがくようにぐるぐる回します。

手が冷えてきたなと感じたら、1時間おきにこのストレッチをしてみてください。指先が冷えると、脳の働きが鈍り仕事にも影響がでますよね。

■ふくらはぎのストレッチ

(1)イスに深く腰掛けて、背筋をのばします。

(2)片脚をもちあげて、もう一方の脚のひざこぞうにふくらはぎを押しあててほぐします。これを左右同じように行います。

ふくらはぎのツボがひざこぞうに当たって気持ちよくほぐれますよ。

以上、“オフィスでできる夏の冷え・むくみ対策”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

オフィスでの冷え対策は、ちょっとした工夫で効果があります。午前中に1回、午後に2回など回数を決めてはじめてみましょう!

【関連記事】 

※ 冷え性・むくみ・貧血!「女性の3大お悩み」原因&解決法まとめ

※ とくに女性は警戒すべき!3つの「身近で怖い病気」と予防法まとめ

※ あ~イライラ…「ストレス冷え」が肩こりや肥満に繋がると判明

※ 放っておくとヤバイ!プロが伝授する「セルライトオイル」レシピ

※ 仕事中のBGMは「ストレス・冷え・免疫力」改善効果ありと判明

WooRis

トピックスRSS

ランキング