ずぼらでも痩せられる!夏前にトライすべき「生活習慣改善」ダイエット

WooRis / 2014年7月17日 7時0分

夏がくる前に痩せたい! でも運動とかカロリー計算とかめんどくさい! そんなずぼらなアナタでも生活習慣をちょっと見直すだけで健康的に痩せることができるとしたら、どうですか?

今回はエステティシャンの筆者が、ずぼらな人でも簡単にできる、日頃の生活習慣を活かしたダイエットのコツを7つお教えします。アナタも毎日の積み重ねで、身体の中から“痩せ体質”になれますよ。

■1:少し早く起きる

いつもより30分早く起きてみましょう。起きてすぐに太陽の光を浴びることで身体の中の細胞が活性化され、代謝を促すよう動き始めます。できれば、そのまま1駅分歩きましょう。朝ごはんは生野菜や果物、ヨーグルトなど、酵素たっぷりのものを摂って、腸を活発に動かしましょう。

■2:昼ごはんをしっかり食べる

夜ごはんまでの間、お菓子など間食をしないためにも昼ごはんをしっかり食べましょう。しかし、ファーストフードや甘いコーヒーなどはダメ! できれば手作りのお弁当などを持っていくのがオススメです。お財布にも身体にもいいので一石二鳥ですね。

■3:間食しない

帰宅するまでの間の辛抱です。どうしても空腹の場合には、無糖の炭酸水やガムを噛むなどして空腹を紛らわせましょう。栄養補助食品などは意外とカロリーが高いので注意して下さい。空いた時間は足首・肩甲骨など、関節を動かして少しでも代謝を促しましょう。

■4:飲みの誘いは我慢する

美味しそうなカフェや飲みのお誘い……仕事終わりには誘惑が多いですが、夏までに本気で痩せたいのなら我慢して! また、帰り道には家まで1駅分歩くなど、普段の生活の中に運動を組み込むことで、家に帰ってからさらに運動をしなくて済みますよ。

■5:野菜から食べる

まずは野菜など低カロリーなものから口に入れましょう。そうする事で胃の中に層ができて、低カロリーなものからエネルギーを摂取していくことができるのです。野菜、汁物、魚、煮物、肉の順番で食べましょう。ゆっくりしっかり噛みながら食べることも大切です。

■6:お風呂に浸かる

1日の疲れと汚れをとるだけでなく、温かいお風呂に浸かることにより代謝を促し、身体の中の老廃物を汗として体外に出す効果があります。シャワーで済ます人が多いかもしれませんが、胸下まででいいのでしっかり10分以上浸かりましょう。

■7:すぐに寝る

寝る前に何か口に入れてしまう前にとっとと寝ましょう! 22時~3時の間にしっかり眠る事により、痩せホルモンがどんどん分泌され、寝ているだけで約300キロカロリーの消費につながります。

以上、日頃の生活習慣を変えることで痩せ体質に近づけるダイエットのコツをご紹介しましたが、いかがでしたか? 

毎日の生活習慣を少し改善しようと心がけるだけで、身体の中から綺麗になり、健康的に痩せられるとしたら、試してみる価値は充分にありますよね。無理なくできそうなことばかりなので、毎日少しずつ生活に取り入れてみましょう。夏はすぐ目の前ですよ!

【関連記事】

※ ラクしてやせたい人注目!「ちょっと変わった」短期集中ダイエット4種

※ ダイエット上手は知ってる!「余分なカロリーを摂取しない」7つの工夫

※ 痩せたいなら要チェック!今さら聞けない「ダイエットの素朴な疑問」5つ

※ 今年こそ痩せる!ダイエットしたい女性が改善すべき食習慣5つ

※ 痩せたい女性必見!Twitterとダイエットの驚きの関係が判明

WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング